好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33
2015年ギフチョウ@愛知県..
at 2015-04-12 23:29
2015年モンキチョウ@東京都
at 2015-03-12 14:46

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

低地性ゼフィルス@新潟

前回の続きの更新が滞ってますが、昨日は新潟に行ってきましたので、こちらから更新^^;


やや時期を外し気味なのは承知でしたが、昨日は新潟へチョウセンアカシジミを見に行ってきました。
昔、ゼフを採りに新潟には何度か行ってますが、その頃はチョウセンアカがいるなんて思いもしませんでした。

今回もポイントは細かくは知りませんが、はさ木に使用してるトネリコの風景を頭に入れ出発です。

最初にお馴染みグーグルのストリートビューで目星を付けていた場所は、ギフチョウを撮りに良く行く場所でしたが、ゼフ目線で現地を見たことがなかったので正直チョウセンアカシジミがいるなんて想像は出来ませんでした。

運良く、車も止めるスペースもあり、耕作地や民家からは少々離れたポイントでした。
e0188677_1524261.jpg
チョウセンアカシジミの生息地付近
2014'06'21,新潟県見附市

早速、枝先を叩いてみるとそれらしき蝶が飛びだす。ふらふら飛んで、下草に降りてきた。
e0188677_15291589.jpg
チョウセンアカシジミ♀#1
2014'06'21,新潟県見附市

ほう、思ってた以上に動きが鈍い^^;

並木をペシペシ叩いてると、ふと看板が立っていることに気付いた。

“昆虫類の採取、植物の採取を禁ず”
条例ではなく、町の委員会が設置した看板のようです。

採集する訳じゃないので気にしないでも良いかと思いましたが、トネリコを叩いている以上、目に付きかねない行動をしているかも・・・と、そそくさと場所を変えることにする(笑)

この周辺にもポイントはあるようですが、ストリートビューではトネリコを見つけられなかったので、わき道に入らないといけない模様。
周辺を車で流しながらトネリコを探す。はさ木の為に人為的に植えてある木なので、人里近くにあるのは仕方ないが、人家の庭先にやはり多い。

しかし、目が慣れてくると結構見つかるものだ。
市内の隣町で、今度は田んぼの脇に良い感じに並んでいるトネリコを見つけた!

よし、これは・・・と思ったけれど、今度はキープアウトのテープが。
噂に聞いてましたが、心ない蝶好きがいたのかもしれませんね。

仕方ないで有名ポイントは諦め、時期も遅いようなので、標高を上げポイントを開拓することにする。
と言っても、もともと放蝶由来がほとんどの種にオリジナルのポイントも何もないが(笑)

標高500mほどまで上がってきた。ここでも、はさ木を目印に場所を探す。

水田の脇に植わっているトネリコ、背の低い木はハンノキのようだ。
水田とトネリコの間には沼地があり、ここなら迷惑にあまりならなそうだ!

早速叩いてみると、1頭降りてきた。
e0188677_15503367.jpg
チョウセンアカシジミ♂#2
2014'06'21,新潟県

標高を結構上げたのにも関わらず、雄は結構擦れている。
しかし、1回叩くだけで2~3同時に出てくることもあるほど個体数は多い。

期待通りここにはミドリシジミもいた!
e0188677_15533220.jpg
ミドリシジミ♂#1
2014'06'21,新潟県

まだ昼前だが、薄曇りのためか結構活発に飛んでいる。

翅を擦り合わせ始めたので、期待してると・・・

e0188677_15553248.jpg
ミドリシジミ♂#2
2014'06'21,新潟県

新鮮な個体だ。曇っているので、理想的な色で撮れた!
角度を変えて撮ろうとしたら飛んでしまった。


ここはトネリコの脇に小さな栗が植わっており、ミドリシジミが2~3頭来ている。
枝先を叩くとヒョウモンや、小さい蝶が沢山飛びだす。

その中に、いました!
e0188677_1634674.jpg
ウラキンシジミ♀
2014'06'21,新潟県

ここでの在来種ともいえるウラキンシジミ。雰囲気は似ているので一見すると見過ごしてしまいそうだ。


狭い生息地だが、3種のゼフが楽しめ良い場所が見つけられた。
e0188677_1684029.jpg
チョウセンアカシジミ#3
2014'06'21,新潟県

次に、1本隣の道沿いを探してみる。
ここはチョウセンアカ関連では中々見ない地名なので、平穏な気持ちで撮影出来るだとうか・・・笑

探してみるとやはりすぐトネリコが見つかった。数は先ほどの場所より少ないが、叩いてみると数頭いるようだ。

チョウセンアカはピンポイントの場所を知らないと見つけられないと思ってたが、トネリコの木を見つけられれば意外とどうにでもなると云った感じ。

ここで見つけた個体が今日一番の鮮度でした。
e0188677_1619107.jpg
チョウセンアカシジミ♀#4
2014'06'21,新潟県

ここで昼過ぎになり、さらに標高を上げ山地性のゼフを探しに行くことにする。

この辺りはギフチョウを撮りに何度も来ているので結構詳しくなっているが、ギフチョウの最適な環境=ゼフの最適な環境とはならないところが悩みの種。スギ林じゃゼフは撮れませんし^^;

地図を見ると魚沼丘陵にある林道に、○印でブナ林と書かれたメモを発見した!笑
5年前にギフを撮りに来たときに付けたメモのようだ。フジミドリは期待しすぎだが、ウラクロシジミくらいいるのではと行ってみることに!

車で登るのに少々苦労したが、尾根に出るといかにも新潟っぽい、マンサクが多い背丈の低い広葉樹林だった。ここはギフチョウもゼフも、どちらもよさそうな場所である。

マンサクを叩くと、期待通りウラクロが飛び出す。山梨県内にもこれくらいの数がいればいいのに・・・。
雄はどれも活発で中々降りてきてくれないが、雌はむしろ飛ぶ気がないというくらい素直に降りてきてくれる。
e0188677_1637543.jpg
ウラクロシジミ♀
2014'06'21,新潟県長岡市

他はミズイロオナガやアカシジミがほとんどで、ファボやクリソ系には少々早いのかもしれない。

ウラクロに一通り付き合ってもらって、今まで特に意識してなかったミズイロオナガの黒帯発達型でも探すか・・・と、ミズイロオナガを中心に見ていると
e0188677_1641362.jpg
ウスイロオナガシジミ
2014'06'21,新潟県長岡市

あ・・・。
完全に失念してました。
今までスルーしてきた中にどれほどウスイロオナガが混じっていたのか分からないですが、意識して探してみるとそこそこの数がいた。勿体無いことをした^^;

太平洋側では中々見ることのない、ウラクロやウスイロオナガが簡単に見られるのも新潟の良いところ。

さてそろそろ帰るかと思い始めたとき、遠くにファボ系の卍飛翔が目に入った。
e0188677_1647233.jpg
エゾミドリシジミ
2014'06'21,新潟県長岡市

個体数はまだまだ多くないようですが、もう発生していたようです。
エゾミドリは未撮影なので、どこかで撮影してみたいですね。


梅雨の合間の1日でしたが、かなり充実した日でした。


チョウアカの採集・撮影はくれぐれも節度ある行動をお願いしたいものですね。
庭先のトネリコや畑の中に入らなくてはいけないポイントは出来るだけスルーして、人に迷惑のかかりにくいポイントを探してほしいものです。
[PR]
by crysozeph | 2014-06-22 17:07 |