好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33
2015年ギフチョウ@愛知県..
at 2015-04-12 23:29
2015年モンキチョウ@東京都
at 2015-03-12 14:46

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

ゼフィルス@北信

7月に入り、蝶屋にとって一年で一番忙しい時期になりましたね。7月第1週は選択肢が多すぎて毎年悩みますが、キマルリや久松などはもう遅そうなので、夏の蝶を探しに北信まで行ってまいりました。

土曜は飯山と上越・十日町の県境あたりのブナ林にでも行こうと思ったのですが、現地に着いてみると朝から豪雨。雨雲レーダーを見ると白馬の方は雨は降っていないようなので、急遽変更。

まずは、あまり得意でないカシワ喰いのゼフを見に行ってみる。
昨年来た時はマイマイガ(?)の大発生で、見るも無残なカシワ林でしたが、今年は結構奇麗な木も多い。

カシワは遠くからだと、樹形のせいかあまり大きく見えないが、近づくとその大きさに8m竿でも躊躇する。おまけに枝が太いため疲れる^^;

20~30本叩いて、ようやく最初の1頭が見つかる。まだ午前中なので不活発ですぐ落ちてきた。

e0188677_23581115.jpg
ハヤシミドリシジミ♂#1
2015'07'04,長野県

やはりまだ発生が始まったばかりで、個体数は非常に少ない。ウスイロオナガでもいれば良いのに、他にはミズイロオナガを数頭見ただけでした。

いつもはあまり奥まで行かないのですがまだまだ消化不良なので、今回は少し奥まで行ってみる。
入口付近からみると大した大きさではないが、ここのカシワの疎林は山梨と比べると規模がケタ違いである。

木を叩くと、またシジミが下りてきた。ん?雌かな、と思い近づくと
e0188677_032232.jpg
クロシジミ♂#1
2015'07'04,長野県

クロシジミでした!木の上飛んでると、ゼフィルスと見分けが全くつかない笑
周りのススキを叩いてみるとそこそこの個体がいた。すでに雌も何頭かいたようだ。

e0188677_0545100.jpg
クロシジミ♂#2
2015'07'04,長野県

クロシジミはここ数年、数回遭遇してますが、中々翅を開く場面に遭遇しませんね・・・。幸運にも自宅の近場にも産地があるので、これは来年の課題にでもしておきましょう。

カシワ林にもどり、またハヤシミドリを探してると幸運にも再び1頭見つかりました。
翅をすりすりしてるので、近くで見守っていると
e0188677_01234.jpg
ハヤシミドリシジミ♂#2
2015'07'04,長野県

入り組んだススキの中で翅を開いたので、これ以上近づけず・・・。

午後になり、夕方に活動するゼフも探しに先々週のアサマで目星を付けておいた場所へ移動することに。
ゼフィルスでは初めてくる場所だが、着くとすぐにテリを張ってる個体を見つけることができた。

e0188677_0153025.jpg
エゾミドリシジミ♂#1
2015'07'04,長野県
e0188677_0155135.jpg
エゾミドリシジミ♂#2
2015'07'04,長野県

翅のみでの同定にあまり自信がないですが、時間帯では間違いなくエゾミドリだ。エゾミドリの撮影は初めてなので、非常に嬉しい。
しかし、普通は高所でテリ張りするエゾがなんで目線の高さで・・・と思ったら、頭上には相当な数の個体が飛びまわってる^^;テリ争いで負けて、仕方なく下に降りてきたのでしょうか?笑

といっても、2mほどあるので、上手く全体を光らせる角度では撮れず。

ウラクロやウラキンも期待してたほど飛ばず、この日はこれで終了。


翌日、6時に起きるはずが1時間寝坊してしまう^^;慌てて、昨日エゾミドリがテリ張りしてたポイントへ向かう。

7時半くらいに着くが、まだ気温も低く静かな朝という感じ。ジョウザンが飛び出すまで、近くの木を叩いてみる。

最初に降りてきたのは、Favoの雌だ。
結構あっさり翅を開いたので、裏を撮影するのを忘れてしまった^^;

e0188677_0251443.jpg
ジョウザンミドリシジミ♀#1
2015'07'05,長野県

そのときは雰囲気でジョウザンミドリかなという感じで撮影してたが・・・根拠はありません笑

次は嬉しい嬉しいウラミスジシジミ!
e0188677_0301267.jpg
ウラミスジシジミ#1
2015'07'05,長野県

15分くらい睨めっこしてたら・・・
e0188677_0311734.jpg
ウラミスジシジミ#2
2015'07'05,長野県
表翅は初撮影!

そうこうしているうちに8時になりジョウザンが飛び始めた。

e0188677_039234.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#2
2015'07'05,長野県

ジョウザンは目線より下に止まることが多いので、本当に助かる!ただ、ここは背丈が高い下草が多いので、見下ろすには脚立が必要^^;

e0188677_0354259.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#3
2015'07'05,長野県

林道沿いに脚立を立て、バランス崩さないように撮影するのは結構難しい。蝶を目の前にすると、意識が100%そっちに行くので、なおさら危ない笑

いつの間にか、脚立でテリ張りする賢いやつも現れる^^;
e0188677_0412427.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#4
2015'07'05,長野県

撮影するには個体数が多すぎて止まる時間が極端に短いのが難点だが、素直な場所に止まってくれるし、カメラのレンズも気にしないでくれるので、撮影し放題だった!

e0188677_0442154.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#5
2015'07'05,長野県

初撮影のエゾミドリとウラミスジを撮れたのは、個人的に非常に嬉しい。ジョウザンミドリとは相性が良くて、今回も結構撮影出来た。ただ朝早いので、現地に泊まる必要があるのはちょっとキツいかな笑

次回はハヤシとウラジロが撮りたいですねー。
[PR]
# by crysozeph | 2015-07-05 23:58 |

アサマシジミ@長野県

更新がGW以来滞ってましたが、雲間端黄チョウや紅紋烏シジミなどにチャレンジして連敗してました。


先週の土日は生憎の天気の中、アサマシジミを探しにいってきました。
アサマシジミは12~3年ほど前までは茅ヶ岳に群産していたくらい身近な蝶という印象でしたが、そこがダメになって以来縁の無い蝶です。昨年も長野県北部に探しに行きましたが良く分からず敗退した苦い経験があります^^;

早めのゼフィルスの様子も見ておきたいので新潟と長野の県境の標高の低い場所をうろうろしてみましたが、午前中はこれといった成果を上げることが出来ませんでした。
これはマズいということで、昨年夏にエビラフジを見かけた場所に移動することに。

途中、交通事故による渋滞に巻き込まれ大幅に時間をロスしてしまった上、雨が降り出す始末・・・。

目を付けていた場所に着いたのは15時になろうかという頃。雨も相変わらず降っているが、気温が高いのは幸い。

車を止めてエビラフジを探してみるとすぐ見つかり、花に来てるシジミも発見!
e0188677_2345380.jpg
ヒメシジミ♂#1
2015'06'20,長野県

残念、ヒメシジミでした。奇麗な蝶であることは間違いないが群れるほどいるので、アサマと混成している場合、厄介な存在である。

10年前のアサマシジミの記憶を辿りつつ大きい蝶影に絞って探して、ようやく見つけることが出来ました!
e0188677_23485157.jpg
アサマシジミ♂#1
2015'06'20,長野県

白馬の個体は色々な青さをしていると聞くが、この個体は低地でよく見かける青さである。まぁアサマシジミと一目で分かるので、これはこれで有りがたい(笑

その内、目が慣れてくるとそこそこの数がいることが分かった。

e0188677_23515670.jpg
アサマシジミ♂#2
2015'06'20,長野県

後翅に僅かな欠けがあるが、この個体が本日一番の青さだった。アサマシジミ特有の青と黒筋のコントラストがとても奇麗。

雨が降っているが結構活発に飛んでいて、エビラフジでの撮影機会もそれなりにありました。
e0188677_23555633.jpg
アサマシジミ♂#3
2015'06'20,長野県

e0188677_23571949.jpg
アサマシジミ♂#4
2015'06'20,長野県

雄に関していえばヒメシジミとは結構見分けられるようになったが、雌はどうだろうか・・・笑

エビラフジに止まっている雌を注意してみるが、予想以上にヒメシジミらしい個体が多いことに悪戦苦闘^^;

周りの下草を叩いているとやや大きな雌が飛び出す。期待して覗いてみると、どうやらアサマの雌のようである。
e0188677_005634.jpg
アサマシジミ♀#5
2015'06'20,長野県

5番目の黒点が楕円形になっているので、間違いないでしょう。この雌はややスレている印象があるけれど、雌は数頭しか見かけず、まだ発生初期の模様。

この後は雨が強くなり撤収。1泊したが翌日も雨が強く長野はここまで。

帰りに山梨のアサマシジミも探してみたけれど、ナンテンハギはあれど成虫は見つからず、改めてアサマシジミの難しさを思い知らされた。

e0188677_05284.jpg
ホシミスジ♀
2015'06'21,山梨県北杜市

来週からは本格的なゼフになるかと思いますが、もう一度長野北部のアサマに行くか、色々迷っているところです^^;

とりあえず、6月は数年越しのアサマシジミの撮影が出来、ここも更新出来たので大満足です!
[PR]
# by crysozeph | 2015-06-24 00:11 |

5月のギフチョウ@白馬

去年に引き続き、今年もGWは白馬に行ってきました。

一昨年は1頭も見ることが出来ず、当たり年だった昨年は沢山見ることが出来たのですが、はたして今年はどうだろうか。
去年はポイントを結構つかむことが出来たので、今年は心に余裕を持ちつつ、まずは個人的新産地を探索することに(笑)

と言っても、国道148号より西側での探索なので、結構場所は限られている。しばらく松川沿いを車で流してると、数頭のギフチョウが飛んでいる斜面を見つける。カンアオイは見つけられなかったが、雌が産卵場所を探すような飛び方をしていたのでおそらく発生地なのだろう(適当)
個体数は3~4頭はいるが花がなく撮影出来そうにもないので、まずはやっぱり撮影だなとみそら野の別荘地に移動する。

この日は気温が高く汗ばむ陽気だが、季節の進行は平年通りの様子。
e0188677_22482164.jpg
みそら野のポイント
2015'05'02,長野県白馬村

個体数は多くはないが、数頭は飛んでいる。
e0188677_22505568.jpg
ギフチョウ♂#1
2015'05'02,長野県白馬村

e0188677_22513857.jpg
ギフチョウ♂#2
2015'05'02,長野県白馬村

最低限の撮影が出来たがイエローバンドがいないので、川を挟んだ反対側に行ってみる。五竜はヒメギフチョウもいるとは知っていたが、カタクリ祭や有名なポイントがあって人が多いイメージがあったため今まで敬遠していた。しかし、やっぱりヒメギフも見てみたいのでちょっと覗いてみることに。

スキー場の脇にくるとカタクリが群生している場所を見つけた。時間は14時を過ぎたところで木陰では気温も落ちついてきたので、吸蜜が期待できそう。

しばらくすると1頭現れカタクリに止まった。
e0188677_22582387.jpg
ヒメギフチョウ#1
2015'05'02,長野県白馬村

予想通りヒメギフチョウだった。ヒメギフは久しぶりに見るので目が慣れず、しかも標本ではなくてこうやって動いているものだと区別するのは簡単ではない^^;

e0188677_2259578.jpg
ヒメギフチョウ#2
2015'05'02,長野県白馬村

ここは完全な混成地なのかは知らないが、ギフチョウもいないかと探してみる。7~8頭いるが見る限りほとんどヒメギフの様だ。
10分くらい探してると、ギフチョウっぽい少し大きな個体が飛んできた。

e0188677_2313927.jpg
ギフチョウ♂#3
2015'05'02,長野県白馬村

ファインダーから覗くと・・・イエローバンドではないか!

e0188677_23142160.jpg
ギフチョウ♂#4
2015'05'02,長野県白馬村

逆光で光る黄色の縁毛が素晴らしい!

e0188677_23154050.jpg
ギフチョウ♂#5
2015'05'02,長野県白馬村

結構敏感な個体だったが、カタクリでの写真が撮れて非常に満足だ。

この日最後にみそら野にもう1度寄ってみたが、さすがに15時を過ぎていて活動は終了間際だった。
e0188677_2324164.jpg
ギフチョウ♂#5
2015'05'02,長野県白馬村


昨年に引き続きバンドを見ることが出来てとても運が良かった。見返すとカタクリでの写真がほとんどでバリエーションに欠けるのが反省点。
まぁ気温が高く活発だったのと、カタクリでポイントを探していたので仕方ない(笑)

今年のギフチョウもそろそろ終盤ですので、今回で見収めですかね。今年は結構撮影出来て良かった(^^)
[PR]
# by crysozeph | 2015-05-05 23:33 |