好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33
2015年ギフチョウ@愛知県..
at 2015-04-12 23:29
2015年モンキチョウ@東京都
at 2015-03-12 14:46

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

カテゴリ:未分類( 13 )

続クロマダラソテツシジミ@神奈川県

昨日ちらっと覗いて、場所と状況が掴めたので本日朝から改めてクマソの様子を見てきました。

休日とだけあって人が凄くいるのではと心配しましたが、思ったより静かでした笑


今日は時間もあったので、さらに西側の少し離れた場所も探してみましたが特に見られず、結局昨日の場所に頼ることに。

昨日見つけておいた新芽の場所に行くと、さっそく産卵してる雌を見つけられました。よくよく見ると新芽には結構な数の卵!
あまり条件の良い芽がないので、観察出来る範囲では一極集中してるようです。

e0188677_2129188.jpg
クロマダラソテツシジミ♀#1
2014'10'25,神奈川県

産卵を終えて一休み。

e0188677_21343419.jpg
クロマダラソテツシジミ♀#2
2014'10'25,神奈川県

鮮度はご覧の通りいまいちだが、表面はきれいな低温期の個体。

他にも撮影されてる方がいらっしゃって、クマソの話だけならず、色々楽しいお話を聞かせ頂き有難うございました!

クマソのポイントには、ウラギンシジミやムラサキツバメなど、この時期らしい蝶もいた。
e0188677_21384896.jpg
ムラサキツバメ♀
2014'10'25,神奈川県

本当はこんなイメージでクマソで撮りたかったのだが・・・笑

鮮度もあまり良くないので、少し移動してみることに。


神奈川県沿岸はやはりどこもソテツが多いので、探し甲斐はある。別の良い方をすれば、ポイントになりそうな所が多く見つけにくい笑

e0188677_2146648.jpg
ソテツ
2014'10'25,神奈川県

e0188677_21462749.jpg
ソテツ
2014'10'25,神奈川県

2011年に記録が出た場所を一通り見てきた。雰囲気はとても良いが、どこもウラナミシジミのみ。

最後に、2011年に自分が一番多く見たところに行くと、1頭だけいました!

e0188677_21494143.jpg
クロマダラソテツシジミ♂#3
2014'10'25,神奈川県

e0188677_2150157.jpg
クロマダラソテツシジミ♂#4
2014'10'25,神奈川県

雌ばっかりだったので、比較的鮮度の良い雄が最後に撮影出来て良かった!

新鮮な低温期の雌を撮影したいので、次世代が出れば再チャレンジしてみたいです。
[PR]
by crysozeph | 2014-10-25 22:17

2014年神奈川県のクロマダラソテツシジミ

キマルリの次の記事がクマソになるとは思いませんでした^^;

最近忙しくて放置気味なのですが、今日は休みを取って少し前から噂になってるクマソを見に行ってきました。

これは速報として、後日まとめます・・・?笑

e0188677_1515322.jpg
クロマダラソテツシジミ♀
2014'10'24,神奈川県

場所は2011年にメインで見られた場所で1♂、その少し西寄りの場所で1♂3♀でした。2♀は産卵していて、来月にかけて発生が見られるかもしれません。

特に細かい情報無しで、行き当たりに見つけられたので、既に各地で発生しているのかもしれません。
[PR]
by crysozeph | 2014-10-24 15:09

オオウラギンヒョウモン@某所

土曜日からの3連休は九州に行ってきました。初九州です!

秋の九州は色々見たい蝶が多く目移りしてしまいます。ワンツにシルビアに迷蝶に夏眠明けのオオウラギンに・・・と笑

土曜日、始発で新横浜から新幹線で博多へ!

初日は福岡県内を見て回ることに。と云っても観光ではないんですけどね(笑)自分は観光するなら真冬じゃないと蝶に目がいってしまいダメですね^^;

まず、近場にクロツのポイントがあるのでそちらに行ってみることに。こちらのクロツは河川敷や堤防のイメージですが、ご存じの通り九州は海クロツ。

ポイントに着くとすぐにタイトゴメが見つかる。ツメレンゲのサイズを想像していたがかなり小さい。しばらくすると本命登場。

e0188677_15315499.jpg
クロツバメシジミ♀#1
2013'09'14,福岡県

やはり別亜種とあってどことなく雰囲気も違って見える。

e0188677_15393549.jpg
クロツバメシジミ♀#2
2013'09'14,福岡県

同じ個体だが、左右で黒点が微妙に違う。

海を背景に撮りたかったが、台風の影響で風が強くクロツもそれを避けるように草の中を飛んでいる。

個体はそこそこいたが、新鮮な個体はこの雌だけだった。

e0188677_15431666.jpg
クロツバメシジミ♀#3
2013'09'14,福岡県

後は波打ち際なのに・・・残念な広角^^;

新鮮な個体が少ないので、少し移動することに。駐車場に戻ろうと、遊歩道を歩いていると卍っぽく飛翔している瑠璃色のシジミが。ヤクシマルリかなと思い、止まるのを待ってみる・・・と。

e0188677_15464322.jpg
クロマダラソテツシジミ♂
2013'09'14,福岡県

お前かよwww

しばらくしたら今年も関東に現れるのでしょうね。時間を使いたくなかったので、この1枚のみ^^

この後は、ウラナミジャノメやワンツを探したが、上手くいかず初日は終了。



次の日。目が覚めるとまだ真っ暗。5時なのに西日本はやはり日の出が関東に比べると遅い。


二度寝を迷ったが、少し早くても暗くても叩きだせば良いじゃん!ってことでこの旅の本命を探しに行くことに。


現地に着くとやはりまだ薄暗い^^;
しかし・・・まぁ、なんもないだだっ広い草原である。湿地近くのアザミがポイント!という情報が頼りなので、まず水辺周辺を歩いてみる。
朝露がまだ乾いていないので、草原に入る気がせず、道沿いから2mの竿で届く範囲だけ叩くというなんとも怠惰な散策(笑)

一番最初に飛びだした蝶はこの蝶だった。

e0188677_15585333.jpg
ツマグロキチョウ#1
2013'09'15,某所

撮影は初めてという意識はあったが、どうやらツマグロキチョウは自己初見らしい(笑)
15年程蝶を追っかけまわしていてツマグロキチョウすら見たことがなかったという恥ずかしい結果だが、これでまた1種追加!

なんかピントが眼にしかあってないが、初ツマグロキチョウということで・・・まぁいいか^^;

擦れた夏型が多くて秋型はまだ早いのかなと思っていたが、5匹目くらいで新鮮な秋型が飛び出した。

e0188677_1623615.jpg
ツマグロキチョウ#2
2013'09'15,某所

やはりツマグロキチョウは秋型が格好良い!

気がつくとズボンは朝露でびっしょり・・・。まぁ着替えはあるからいいやと開き直って草原に分け入る。

これだけ広いと、前だけ見て「あの辺良さそう!」とだけ考えて歩いていると本当に遭難しそうである(笑)

ときどき振りかえりながら、車と目印の木を見ながら歩く。相変わらずツマグロキチョウは沢山いる。他はチャバネセセリやヒメアカタテハくらい。

すると、目の前から飛び出すヒョウモンが!居たか?!


・・・ツマグロヒョウモンでした。


まぁ前向きに考えて、同じヒョウモンだからこのあたりを探そう!ということに。


自分の中のオオウラギンはススキに止まっているイメージなので、ススキを中心に叩いてみる。

どんどん分け入って来たので、気付くと車が見えなくなってしまった。まぁ方向感覚は失っていないので、来た道を戻れば良いやとUターンしようとした瞬間・・・でけええええええ!

足元からオオムラサキくらいあろうかというようなヒョウモンが飛び出した。

これは見間違えないわ(笑)

飛翔力もウラギンヒョウモンとは桁違いである。目で追って・・・よし止まった。30mほど先に止まったのを確認してゆっくり近付く。

慎重に・・・ゆっくり覗くと・・・

e0188677_16195455.jpg
オオウラギンヒョウモン♀
2013'09'15,某所

後翅縁のハートマーク、その内側の大げさなほどの黒豹点。

これぞオオウラギンヒョウモン!かっこいい・・・。

(結構トリミングしてます笑)

よし、証拠写真は撮れた。慎重に近付いて・・・次の瞬間

!?!?!?

オオウラギンが視界から消えた。

何が起きたか理解するまで2秒ほど時間がかかった。そう、さきほどシャッターをきった場所からほんの2歩踏み出したその場は底なし沼かと思うほどの湿地だった(T0T)

気付くと腰まで沼に浸かっていた・・・。万が一の時の為に、財布とスマホはザックに入れてたから被害はズボンと靴と下着とテンションのみ・・・。久しぶりに泣くかと思った(笑)

オオウラギンヒョウモン=乾燥草原という固定概念が招いた事故ですわ。いやでも、探し始めたとき「ポイントは湿地」って自分で言ってたじゃん!

色々後悔はあるが仕方ない。靴もズボンも防水ではないが、そういうレベルでもなくなってしまったから、さらに開き直って「膝までなら許す!」とか訳分からん独り言良いながらジャブジャブ・・・いやグチョグチョさせながらオオウラギンに近付く(最早、どうかしてる笑)。

どうにかこうにか、2mほどまで近いて(ていうか数メートル先で惨事があったのにまだ止まっているw)改めて1枚という時に、レンズにも泥が付いていることに気付く・・・。
シャッターは切れるので壊れてない。とりあえず保護フィルター外して撮ろう・・・としてたら飛んで行ってしまった。

なんか、すっごく虚しかった。とりあえず、車に戻って着替える。レンタカー泥だらけにする訳にいかないし。当然靴の履き替えなんて持ってきていない。1回脱いだら、濡れた靴を履く気にならず・・・。もういいやってなった。
まぁ1枚撮れたし、次回は長靴持ってこようと学習できたし、初回はこれでいい。これで良かったんだ・・・。



靴は助手席に置いてエアコンガンガン当てて乾燥。乾くまで、車で適当に流しながら探す。結局車内から2匹見ることが出来、まぁ次は夏にでも来て見ようということでここを後にした。


まだ4時だが、ホテルに入る。とりあえず、風呂!






最終日の月曜。この日も4時に目が覚める。何もない休日なんかは11時半まで寝てるのに、こういう時は早く目が覚める。

夕方の新幹線が台風の影響で心配だが、1日まだある。目星をつけておいたシルビアシジミのポイントを朝一で覗いてみる。ここも海沿いなので台風の風がひどい。
ミヤコグサは沢山あって、シジミも沢山飛んでいるがヤマトシジミばかり。目が慣れると飛んでいてもヤマトとシルビアは区別が出来ると云うが、想像するに出来る気がしない(笑)

風がひどいので、吹き溜まりになっている一角を叩いてみると、ん?と思うシジミが飛び出した。いたいた、シルビアシジミだ。見分けることは厳しいが、雰囲気が違うくらいは分かるもんだ。
とりあえず、証拠しゃs・・・という時に突風に煽られてどっか飛んで行ってしまった・・・。その後も1時間ほど粘ってみたが、続かず。

そのあとも、ウラナミジャノメやクロツやワンツを探したが、どこも強風で蝶の姿が全体的に薄かった。

これ以上は無理だと判断し、最終日は普通に市内観光としました。帰りの新幹線は1時間ほど遅れましたが、なんとかその日のうちに帰ってくることが出来、まぁ一安心です。



オオウラギンの事故に台風にと、良くも悪くも印象深かった3日でした。


来週は、ルー様でも見に行ってきます。
[PR]
by crysozeph | 2013-09-17 17:19

ミヤマモンキチョウ、タカネヒカゲ@常念岳

常念乗越に着いたのは9時半を回ったところでした。雲ひとつない絶好の気候で、暑いくらいでした。

e0188677_23342559.jpg
常念乗越からの景色
2012'07'31,長野県常念乗越

するとさっそく、目の前をタカネヒカゲが横切る。感覚としては『え?これがタカネヒカゲ?』のようなもの。あまり綺麗な見た目ではないですし、呆気ない出会いでした。

その個体はすぐに飛んでいってしまいましたが、周りを見渡すとかなりの数のミヤマモンキチョウが飛んでいて、ちらほらタカネヒカゲも混じるといった感じ。

しかし、もう10時目前なので、雄はかなり活発に飛んでいてあまり近寄れない。

雌は花によく来るので、時折撮影チャンスがある。
e0188677_23402526.jpg
ミヤマモンキチョウ♀#1
2012'07'31,長野県常念乗越

花は、ミヤマコゴメクサでしょうか?日差しが強すぎて、順光だと色が出ない。

e0188677_23464924.jpg
ミヤマモンキチョウ♀#2
2012'07'31,長野県常念乗越

日蔭に止まると、綺麗なミヤマモンキらしい色が出る。

しばらく雌を観察していると、雄が寄ってきて求愛している。かなりしつこい。ピンボケ写真だが、見てみるとモンキチョウの雄だった。

e0188677_2353344.jpg
ミヤマモンキチョウ♀、モンキチョウ♂
2012'07'31,長野県常念乗越

当然交尾には至らず、雄はかなり粘ったが、フラれてしまった。

そういえば、この他にもベニシジミ・ミヤマカラスアゲハ・アサギマダラ・ウラナミシジミ・イチモンジセセリなど、平地の顔ぶれの蝶も見た。飛翔力のある蝶とはいえ、こんなところにも飛んでくるとは驚いた。

しばらくすると、また雄が近寄ってきて、…今度はミヤマモンキのようだ。

e0188677_23563595.jpg
ミヤマモンキチョウ♂、♀#3
2012'07'31,長野県常念乗越

しばらく雌を追っかけていると、クロマメノキに止まった。期待して見ていると、やはり産卵を始めた。
e0188677_004249.jpg
ミヤマモンキチョウ♀#4
2012'07'31,長野県常念乗越

柵の向こう側だったので、卵は撮影出来なかったが、遠目で見てみるとそれらしいものが確認できた。蛹なども探してみたが、上手く見つけられない^^;

昼近くになると、雄の撮影機会も増えてきた。

e0188677_23585524.jpg
ミヤマモンキチョウ♂#5
2012'07'31,長野県常念乗越

ただ、雌と違いなかなか近寄らせてくれない。

しばらくすると、山小屋の主人に話しかけて頂いた。ミヤマモンキ?と聞かれ、会釈を返す。タカネヒカゲは常念の斜面に行くと沢山いると教えていただいたので、また少し登ることにする。

このころから、すこしガスがかかり始め、蝶があまり活発でなくなる。

登り始めて5分もたたないうちに、1頭見つける。
e0188677_051825.jpg
タカネヒカゲ#1
2012'07'31,長野県常念乗越

スレているのか、雄なのか雌なのかよく分からないが、とりあえず近くで見ることができた^^

このあと本格的に雲が出てきて、やむを得ず下山することに。途中、登山道近くに止まっている個体を見つけることが出来、広角で撮ってみた。
e0188677_07547.jpg
タカネヒカゲ#2
2012'07'31,長野県常念乗越

下山途中、朝タカネキを見たポイントを覗いてみると、まだテリを張っていた。今までの観察では、午前中はテリ、午後は吸蜜というパターンを見ていたので、少し驚いた。

帰りはそれ以外わき目もふらず、すたすた下山したので、コースタイムの半分で降りてくることが出来た。

3日間、かなり良い成果を上げることが出来て、大変満足で家路に着くことができた。強いて言えば、タカネヒカゲの生態写真がもう少しバリエーション多く撮れると良かったが、また来年来ればいいもの。

ミヤマモンキ・タカネヒカゲの2種を今回で加え、国内で採集・撮影した種は191種となりました。200種到達は…沖縄にでも行かないと厳しいですな(笑
[PR]
by crysozeph | 2012-08-06 00:21

2012年始動★

あけましておめでとうございます(遅っ

毎年年末から2月にかけては勉強が忙しくて…;;


さてさて、2012年になりまして…私もついに2回目の年男ですわ。早いものです。

辰年にちなんで、“タッ”パンルリシジミで挨拶したかったのですが、まぁそんな蝶の写真あるはずもなく…

同じシジミチョウで…標本箱の中からですが、こんなヒメシジミを。
e0188677_20261021.jpg


みなさんご存じだと思いますが、自分はいつもロムさせて頂いている方のブログで見かけ、たしか俺もこんなやつ持ってた気がする…という感じで標本箱を引っ張り出してきました。
e0188677_2027638.jpg


表見たら♀でした^^軽くデータを。2004年7月11日岐阜県上宝です。
上宝のあそこってヒメシジミ、無数ってくらいいますよね。異常型だと思って採ったのではなく、
採ってみたら異常型だったってパターンです。異常型との出会いってこんなもんか…って当時思いました(笑)
ちなみにオオイチモンジは見ることもできませんでした^^

翅の表にも、白い紋が出ている点が興味深いですね。

ん~それにしてもどういった要因で白くなるんでしょうかね?


話変わって、冬と云えば…ゼフの卵探しでしょう、蝶屋なら←

地元で探しましたがあんまり多くないですね、例年がどれほどの量なのか知りませんが、2時間で5卵、
しかも内3卵は穴あきでした^^;まぁ探すのが下手ってのもあると思いますが。。。
e0188677_20275268.jpg


これはオオミドリだと思うので持って帰ってきました^^ピカピカな♂だといいのですが、オオミドリは過去3~4回飼育してますがすべて♀でした^^;今年こそ…。

もう1つはミズイロオナガっぽかったので、そのままにしてきました(笑)

久しぶりだから書くこと多いですねー笑

去年、目標に飼育とキリシマ、クモツキの写真って言ってましたが、あまり達成できた感じはなかったので今年もこの目標を引き継ぎます(

飼育と云えば、昨日の暖かさでコツバメが羽化してしまいました。ベランダで管理していたのでフライング気味になってしまったのでしょうか?残念ながら羽化不全になってしまいましたが・・・。


本格的に蝶が飛び始めるまで、あと1カ月。ウラゴマダラの卵も撮っておきたいですねー。

なんか普通の日記っぽく長くなりましたが、

今年も頑張っていきましょう、よろしくお願いいたします。
[PR]
by crysozeph | 2012-02-25 20:35

# 被災者の無事を祈り、被災地の復興を願います

東北限定の名称ではなく、東日本大震災という名前になったくらいで自宅のある東京でもかなり揺れました。
ちょうど出掛ける用意をしているときで、家にいたのですが、もう少し発生時間が遅かったら都心で帰宅難民になっていました。

幸い、家族も自宅も被害はなかったのですが、被災地の様子をテレビで見るたび心が痛みます。自宅付近(東京西部)でも震度5強を計測し、市内では死傷者も出てしまいました。

今回はより他人事と思えず、インターネットから受け付けている募金に協力したものの、他に出来ることは節電くらいしかなく、歯がゆい気持ちです。

これ以上の被害の拡大防止と被災者・被災地の無事・復興を、ただただ祈るのみです。



# 多摩川

今日は、気温が高くなると予報が出ていましたし、家に引きこもっても意味がないので、モンキチョウ狙いで多摩川に行ってみました。

さすがにモンキチョウくらいはいると思ってたのですが、風が強いこともあって見つけることは出来ませんでした。蝶はキタテハを見たのみです。

1枚撮ったところで飛んでしまい、追いかけようとしたのですが、鳥を撮影している方もいらっしゃったので深追いするのは自重しました。


e0188677_1840065.jpg
キタテハ
2011'03'13,神奈川県川崎市
[PR]
by crysozeph | 2011-03-13 19:29

2011始動、近況

テストも終わり、ようやく手放しで春休みを満喫できる状態になりました。

毎年毎年、進級と戦いながらのテストは心身共にやられます。まぁそんなに簡単に医療人になれても・・・って話なのですが(笑)


やっと春めいてきた感じなので、自宅のベランダの植木鉢でも、オオイヌノフグリやミヤマハタザオがぽつぽつ咲き始めました。コヒョウモンモドキとクモマツマキチョウを飼育したときの名残です。

そういえば、数日前にモンキチョウも探しに行ったのですが、多摩川ではやはり3月中旬以降ですね。完全にフライングでした。去年は3月11日に雌雄多数でしたので、今週の日曜あたり天気も良い様なので飛ぶんじゃないかと思ってます。


先にも出ましたが、今年は久しぶりに飼育もしていきたいなと思います。今までは、ゼフと先の2種とアゲハ類くらいしか育てたことがなく、全くの初心者ですが身近な種類から手をつけようと思います。

写真のほうでは、沢山思いつきますが、クモマツマキとキリシマミドリに去年悔しい思いをしたので、是非リベンジしたいと思います。

こんな感じですが、今年もご指導ご鞭撻のほう、よろしくお願いいたします。

e0188677_1534030.jpg

[PR]
by crysozeph | 2011-03-03 15:34

ムラサキツバメの越冬集団

先々週、ムラサキツバメを見つけた場所を、今週も訪れてみました。

前回、唯一のオスを見つけたツバキの木を最初に見てみると、同じ枝のほとんど同じ場所に3頭の集団が出来ていました。

ムラサキツバメ
e0188677_2214097.jpg


e0188677_2218786.jpg
写真中央部の地上1.5m付近で見つけました。

途中で、全部飛ばしてしまい申し訳ないと思ったのですが、10分足らずで元の葉に全個体戻って来ました。3頭のうち少なくとも2頭は♀でした。


その後、これは期待できると思い、去年越冬集団を観察したマテバシイの木を探してみました。

去年と比べるとあまり大きくないのですが、難なく見つけられました。
e0188677_22212060.jpg
分かりにくいのですが、全部で4頭の集団です。これは地上2mくらいで腕を伸ばしながら撮りました。

去年の集団と、だいたい同じ木なのですが、今年は日当たりが良い葉でした。去年は、日中でも日が当たらないような葉に形成されていましたが、今年は昼間はずっと日が当たっていそうな葉でした。

しかし去年は、11月下旬から12月上旬にかけて集団引越しがあったので、これらの個体もまだ移動するかもしれません。


他の蝶は、数もだんだん減ってきて成虫で越冬する種類以外は、ヤマトシジミとウラナミシジミくらいです。

恒例の青いメスです。

ヤマトシジミ
e0188677_22315964.jpg



今年も、蝶の話題で更新できるのはあと数回かな。。。
[PR]
by crysozeph | 2010-11-20 22:36

師走の蝶-2

学校のテストが近づいてきたので、おそらく今日が今年最後の更新。クリスマスと新年に勉強はごめんなので、そろそろやばい…。

今日は日ごろの運動不足解消を兼ねて、自宅から1時間ほど歩いたところまで足をのばしてみました。

見られる蝶も限られて、いつも同じ蝶だと飽きてしまうので今日は飛翔写真中心に撮りました。

観察できた蝶は、先週に引き続きスジグロシロチョウ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、久しぶりのベニシジミ、ウラナミシジミでした。

ここに来てヤマトシジミは個体数を増した気までする。

ヤマトシジミ
e0188677_228860.jpg


ベニシジミも3頭以上いた。ジャスピンまではいかなかったものの、構想していた図が撮れた。

ベニシジミ
e0188677_2295727.jpg


久しぶりのメスだったので最初はなんだか分からなかった…。

ツマグロヒョウモン
e0188677_22122540.jpg


ツマグロヒョウモンは静止写真じゃないかというツッコミはしないでください(笑)


おまけ
e0188677_22135716.jpg

最近の新宿。南口は工事も進み、かなりきれいになった印象。
[PR]
by crysozeph | 2009-12-06 22:18

師走の蝶

帰りがけにいつもの公園を覗いてきた。

12月ともなると例年、蝶なんてもういないという先入観から、見に行くことなんてないが、今年はまだまだ大丈夫な感じである。

今日も、スジグロシロチョウ、ヤマトシジミが元気に飛んでいて、「なんだコイツ」と思うようなのも混じっていた。

ヒメウラナミジャノメ
e0188677_19374713.jpg

ヒメウラナミジャノメが12月に見られるなんて考えもしなかった。

多少スレてはいるが大破してる訳でもなく、11月中旬前後の羽化であろうか。

ここまでくると第何化なのか分からない。


あとは、前々回で最後かなという感じだったツマグロヒョウモンも今日は新鮮な個体がいた。

ツマグロヒョウモン
e0188677_19391532.jpg

この個体、前翅の黒紋が若干流れている気がする。


ムラサキツバメを見に行ったが…7頭の集団が丸々いなくなっていた…。

かわりに、2頭だった小集団が5頭に増えていた。2つの距離は10mほどだったので、何頭かはこちらに移動してきた可能性がある。

ムラサキツバメ
e0188677_19442584.jpg


活動している個体も見当たらず、11月28日から今日までに何があったのだろう。

原因は…不明。
[PR]
by crysozeph | 2009-12-02 19:47