好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33
2015年ギフチョウ@愛知県..
at 2015-04-12 23:29
2015年モンキチョウ@東京都
at 2015-03-12 14:46

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

タグ:蝶:シロチョウ科 ( 14 ) タグの人気記事

2015年モンキチョウ@東京都

冬の間は自分の趣味が蝶だということを忘れるくらい何もしてませんでした^^;

今日は朝から暖かく、近くの河川敷には期待通りモンキチョウが飛んでいました。
複数飛んでおり既に結構擦れた個体もいたので、今年は早めの発生だったのかもしれません。

e0188677_14414051.jpg
モンキチョウ♂
2015'03'12,東京都

冬の間で鈍ってしまった身体を、少しずつ慣らしていかなくては笑
[PR]
by crysozeph | 2015-03-12 14:46 |

クモマツマキチョウ@北アルプス(白馬・扇沢)①

土曜日、日曜日と北信へクモマツマキチョウを探しに遠征してきました。

ここ数年、南アルプスでのクモツキの撮影の難しさを思い知らされてきたので、有名ポイントでもまずは撮影しようと思いたったためです^^;笑


初日は白馬に行ってきました。
白馬は有名な沢が二本あるかと思いますが、今回は南側のポイントに行きました。ポイントと言っても、毎度のことながら正確な場所が分からないんですよねw

3時間も4時間も歩くことはないと信じて、林道を登り始める。林道の入口は標高は900mほどしかないので、もう初夏のようである。黒系アゲハやウスバシロチョウが沢山飛んでいる。

5月31日の誕生花でもあるタニウツギがちょうど満開で、そこにアゲハが集まっている。
e0188677_18231527.jpg
カラスアゲハ♂
2014'05'31,長野県白馬村

あまりカメラを向ける気にならないが、サカハチチョウがやたら多い。ふと気付くと、サカハチチョウにしては黒過ぎる蝶が混じって飛んでいる。

e0188677_1827483.jpg
フタスジチョウ♂
2014'05'31,長野県白馬村

え、フタスジチョウ?この蝶って7月のイメージでしたが・・・今年は季節の進行が早いのでしょうか?

そこから10分ほど歩くと、一旦杉林に入る。影の少ない林道上は汗ばむほどの陽気で、日影がなんとも心地良い。

ふと足元から、飛び立ったのは・・・
e0188677_18342246.jpg
ギフチョウ
2014'05'31,長野県白馬村

5月末なので、擦れてるのは仕方ないけども、フタスジチョウとほぼ同じ場所で同じ日に見られるとは、なんとも不思議な気分である(笑

気温が高いからか、このギフチョウは吸水してました。観察例は結構あるようですが、個人的にはギフチョウの吸水は初見でした。

2時間ほど歩いたでしょうか、標高1200mほど来ると季節も戻りクモツキが出てきそうな雰囲気を感じるようになってきた。

e0188677_1847746.jpg
白馬
2014'05'31,長野県白馬村
必要あるか分かりませんが一応修正しておきますw


本当は対岸に渡って砂防ダムの最上段に行きたかったのですが、水量が多くどうも無理そう・・・笑

こちら側の岸でハタザオを探してみたのですが、あまり良い環境に生えていない。

1時間ほど探してみたのですが、特に成果はなく河原を覗きながら下ることに。

林道上にもハタザオは所々ありポイントになりそうな場所もありますが、肝心のクモツキは飛んでいない。

結構下ってきたときに、ハタザオが群生している場所に出た。蝶は飛んでないが時期的には卵があるかもと、念のため探してみる。
かなりの数があるが、この中から卵は見つけることは出来なかった。

良い環境でしたので、腰を下ろして休憩。
腰をかけている斜面のちょうど手が届くところにポツリとハタザオがあり、ふと見てみると・・・すぐにオレンジの卵が飛び込んできたw

e0188677_18583717.jpg
クモマツマキチョウ卵
2014'05'31,長野県白馬村

標高をだいぶ下げてしまったので、やはり成虫の時期は外してしまったようだが、なんとかポイントであろう場所は見つけることが出来た。
付近を再度探してみたがそれ以上見つからなかった。

結構歩いたなーと思い車まで戻ってきたが、まだ13時^^;

クモツキは、ちょうど他の蝶の端境期に発生するので、あまり良い副産物が思いつかない・・・。
お手頃な場所にあるので、とりあえずヒメシロチョウのポイントに行ってみることにしましたw

春型が終わって、ヒメシロは飛古した春型の♀が数匹いたのみで、他の蝶といったらウスバシロくらい・・・笑

ここでも卵でも探すかと思い、マメ科の植物を片っ端から探してみると・・・、シジミの幼虫が見つかった!

e0188677_198329.jpg
ヒメシジミ幼虫
2014'05'31,長野県白馬村

ぱっと種類は分からなかったんですけど・・・“希望から言えばアサマシジミ、でも現実はおそらくヒメシジミ”だろうなとw
自宅で調べたら、間違いなくヒメシジミでした。まぁツルフジバカマでしょうし、アサマは食べませんし^^;

ここでも特にこれ以上成果は出ず・・・
まだ時間に余裕があるので、オオルリシジミを見に行くことに。

初オオルリシジミである!あづみの公園は行けば確実に保護区で見られるだけあって、山で未だ見ぬ蝶を探すときとはまた違ったドキドキ感がある!

受付で場所を教えてもらったので、すぐ見つかった!標本では見たことあったので大きさは分かっていたが、予想以上に活発に飛んでたので、少し驚いたw
こちらももう雌の時期で、ほとんど新鮮な雄はいなかった。夕方でも活発なので、撮影は少々苦労しましたが、なんとか大人しい雌を発見。すぐに開いてくれた!

e0188677_19225745.jpg
オオルリシジミ♀#1
2014'05'31,長野県安曇野市

時間もなく広角にチャレンジする余裕はなかったが、初オオルリは満足できた!
e0188677_1929624.jpg
オオルリシジミ♀#2
2014'05'31,長野県安曇野市


日曜日は扇沢の有名なポイントに、クモツキのリベンジしました。

続きます。
[PR]
by crysozeph | 2014-06-02 19:33 |

クモマツマキチョウ@南アルプス

土曜日はクモマツマキチョウを探してきました。

昨年は5月下旬に行って少し遅かったので、時期を早めてみました。時期早い方が歩く距離少なくてすみますし(本音)

天気は申し分なく、季節も丁度いい。

e0188677_1882318.jpg

クモマツマキチョウのいる沢筋
2013'05'25,南アルプス

(環境の撮影するの忘れてきたので、昨年のもので代用^^;当然ですが、今年はこれよりも緑は少なかったです。)

時刻は8時過ぎだけど、すでに汗ばむ陽気だ。

たまに飛び出すシロチョウが紛らわしい。ただのスジグロシロチョウのようだ。ヤマトスジグロシロチョウもちゃんと撮影していみたいけど、中々機会がない^^;

ミヤマハタザオが多く、昨年雌を見た付近で待ってみることにする。


結構待っただろうか、対岸をクモツキの雄が飛んでいる!

急いで、水の少ない場所に回って渡る!

走る!ミヤマハタザオが多いので、止まってくれる可能性もあるので、とりあえずひたすら追う!


すると、突然目の前にガサガサと大きな動物が・・・。

くまぁぁぁぁぁぁぁ・・・・ではなく、カモシカでした^^;向こうも驚いたでしょうが、こっちも驚きましたw

角生えてたし、どつかれたら怪我してたな・・・。ちょっと距離をおいて記念撮影笑

カモシカ
2014'05'17,南アルプス


そんな出来事があり、クモマツマキは当然風に乗って沢の下へと消えてしまいました・・・。


さらに1時間くらいが経ち、対岸の父親が手を振り呼んでいる。声も届かないが、どうやら見つけたらしい!


e0188677_23432777.jpg
クモマツマキチョウ♂#1
2014'05'17,南アルプス

久しぶりに間近でみた。もちろん初撮影!

翅も開かないし飛ばない、あまりにも不活発なのでスミレに止めてみた。甚だしいやらせ(笑

e0188677_23484593.jpg
クモマツマキチョウ♂#2
2014'05'17,南アルプス


翅を90度くらい開いて、スミレに止まるシーンが撮影したかった・・・のですが、今日はこれで満足しましょう^^;

その後は、また飛ぶ姿を目撃するのみで撮影には至らず、正午も過ぎたので撤退。

帰り道なので、山梨県内のクロツバメシジミのポイントに寄ることにした。

インターからも近いし個体数も多いし、何かと助かってるここの場所^^;

小さいので慣れるまでは中々見つからないが、1頭見つけるとそこそこ数が飛んでいることが分かる。

e0188677_024095.jpg
クロツバメシジミ♀#1
2014'05'17,山梨県


石の堤防の斜面、後ろは田んぼなので中々姿勢を低くして撮影するのが難しい^^;

交尾してる個体もいた!

e0188677_04393.jpg
クロツバメシジミ♀♂#2
2014'05'17,山梨県


理想は、背景をもう少し距離のある場所で撮りたかったけど、角度はこれが限界。

ミヤマシジミも探したかったですが、残念ながらタイムオーバー。



クモマツマキの写真はイマイチでしたが、撮れなかった去年と比べればかなり前進しました。

やはりスミレやハタザオでの本物の吸蜜の写真が撮りたいですね。

来週か再来週、北アルプスでもう一度リベンジします(笑
[PR]
by crysozeph | 2014-05-20 00:15 |

ギフチョウ@白馬

GWになってようやく今年初の撮影遠征!

昨年はかすりもしなかった白馬のギフチョウ。今年は少し予習をしてから、現地に行きました。

まずは、昨年も行った松川沿いのスキー場の脇。カタクリの様子から、標高800~900mくらいがちょうど良さそうな季節。

車を止めてさっそく歩き出す。
朝4時に家を出てきたので、まだ9時前である。それでも気温はすでに15度近くあり、いつ飛び出してもおかしくない状況である。
5分ほど歩き、カタクリが咲き乱れている斜面に着いた。

辺りを見回すと・・・やっぱりもう飛んでいる!

2014の初ギフである!
e0188677_19968.jpg
ギフチョウ♀#1
2014'5'3,長野県白馬村


e0188677_19121018.jpg
ギフチョウ♂#2
2014'5'3,長野県白馬村

雄は良い角度から撮れなかったが、たまに見る後翅の大黒紋と涙紋が繋がった個体だったので掲載。
結構数も多く、それなりに撮れたのでみそら野の別荘地に移動する。

ここも昨年来たが、1頭も見つけられなかった。
別荘地内は、結構きれいに手入れされてるお宅が多く、環境はスキー場以上に良さそうに見えどこにでもいそうである(去年も思った笑)。
うろうろしていると、角地の庭先のカタクリ畑にギフチョウが飛んでいる。ここも数が多く、狭い範囲に5頭ほどいた。ただ、当然入ることはできないので別荘地の脇の方へ移動してみる。

少し離れると散策路のような歩道があり、道の両側にカタクリがある好条件の場所に出た。
個体数はあまり多くないが、数頭が入れ違いに飛んでくる。
e0188677_1926074.jpg
ギフチョウ♂#3
2014'5'3,長野県白馬村みそら野

白馬のギフチョウは、後翅の橙紋の形が不安定で色々な変異を見る。この個体は、上2つがヒメギフチョウの血筋のせいか黄色が混じり、下から2つめがとても立派な大きさをしている!

e0188677_19314032.jpg
ギフチョウ♂#4
2014'5'3,長野県白馬村みそら野

裏からも撮ってみた。腹部にカタクリの花粉が付いているのだ分かる。

十分撮れたし、また次の場所へ移動しようと思った矢先、なんとイエローバンドが現れた!

発見した父親が撮影し、裏からとりあえずの1枚!
e0188677_1939526.jpg
ギフチョウ♀#5
2014'5'3,長野県白馬村みそら野

まさか遭遇するとは思ってなかったので驚きだ。実物を見ても区別する自信はなかったが、これは全然違う。
角度を変えようとしたら飛んでしまい、林を抜け山の向こうに行ってしまった。

証拠写真程度しか収められなかったが見れたことに満足した、そんな感じ!


昨年1頭も見つからなかったのが嘘のように、今年は上々の結果だったでしょうか。


帰りに、いつものヒメシロチョウのポイントを覗いてみたが、こちらも昨年の倍程の個体がいて夕方にも関わらず十分に撮影出来た。

e0188677_1946733.jpg
ヒメシロチョウ♀
2014'5'3,長野県

ギフチョウ、白馬では初撮影でしたが、新潟では考えられないような充実した撮影が出来て、採集禁止の恩恵かなとおも思ったような日でした。どの個体も警戒心が薄いというか、近づきやすい笑

来年はイエローバンドに焦点を当てて撮影してみたいです!
[PR]
by crysozeph | 2014-05-05 19:57 |

ヒメシジミ@北信

北陸でゼフを撮影した次の日は、北信に移動し初夏の蝶を各地で見て来ました。

第一目標は、先日山梨で見ることが出来なかったアサマシジミ。山梨県内でしかアサマシジミを見たことがないので、是非とも青いアサマを見てみたいものである。


白馬村内の正確なポイントは知らないが、記録のある場所にまずは行ってみる。

車を降りるとすぐシジミチョウが飛び出し、ハッとなるが明らかにヒメシジミである^^;

e0188677_23154044.jpg
ヒメシジミ♂#1
2013'06'29,長野県白馬村

それにしても、どこにでも夥しい数がいる・・・。これは隣の大町の光景。
e0188677_23181775.jpg
ヒメシジミ♂#2
2013'06'29,長野県大町市

ヒメシジミの集団吸水は初見。

雌も新鮮な個体が多い。
e0188677_23195096.jpg
ヒメシジミ♀#3
2013'06'29,長野県白馬村

ヒメシジミは個体変異が多くて見ていて飽きない。この日は翅を開いてとまる個体が多く、表翅のみしか観察出来なかったがそれでも十分変異は見受けられる。

クロテン型の雄。
e0188677_23222392.jpg
ヒメシジミ♂#4
2013'06'29,長野県大町市

クロヘリ型。
e0188677_23225668.jpg
ヒメシジミ♂#5
2013'06'29,長野県大町市

白馬でも大町でも両者は完全に混飛していたが、実際は中間型のようなものが一番多かった。

一方の雌は、さらに個体変異が激しい。
e0188677_23281599.jpg
ヒメシジミ♀#6789
2013'06'29,長野県大町市

ヒメシジミばかり追っていて、本来の目的を忘れてたが、アサマシジミを探してみる。しかし、山梨などのヒメシジミと混生しない場合は自信持って見分けることが出来るが、いざ混生してるであろうと思いながらさがすのは中々難しい。

唯一これがそうかなと思って撮った個体だが、良くみるとそう思えない^^;左は確実にヒメシジミなのだが、右は一回り大きい。でも・・・やはりヒメシジミに見える。
e0188677_23334957.jpg
ヒメシジミ2♀#10
2013'06'29,長野県白馬村

ちょうど、雌の発生初期のようでいたるところで交尾を見かける。・・・しかし、これだけ個体数が多いと大変な騒ぎになる。
e0188677_23372863.jpg
ヒメシジミ#11
2013'06'29,長野県白馬村

もう訳がわからない(苦笑)


春に行った、ヒメシロチョウのポイントも近いので、のぞいてみるとこちらも夏型の発生初期であった。
e0188677_234075.jpg
ヒメシロチョウ♂#1
2013'06'29,長野県白馬村

夏らしいアザミでの吸蜜が撮れた。


この周辺のゼフィルスはもう1~2週間ほど先らしく、特に何もいなかった。




まだ時間があるので、山梨県内のインター近くのゼフィルスを見ていくことにする。(あまり写真はないですが)


まずはメスアカのポイント。
送電線下で、定期的に草刈りが行われるポイントなのだが、最近は経費削減のためか、頻度が減り撮影が出来る高さでなくなってしまった。その上、個体数も減ってしまい本日は1♂見たのみ。頭上でテリを張っていたが、どうもスレているようで撮影の気力が上がらず、撮影はスルー。念のため、ネットに入れてみるが間違いなくメスアカで、間違いなくスレていた(笑)

次にエゾミドリのポイントに行く。
こちらは全く撮影向きではない5m以上ある栗の木である。不思議とここにはエゾが集まる。久しぶりに来たら、木がさらに高くなっていて、周りも鬱蒼としている。こちらも叩きだして1♂確認したのみで撮影ならず。

最後にクロミドリを覗いてく。
例年通りオオムラサキが発生しており、クヌギを叩くと至るところから飛び出す。樹高が高く撮影は無理そう。クロミもそこそこ飛び出す。5頭目くらいでようやく肉眼で確認できるほどの高さに降りてきてくれた。
e0188677_23533657.jpg
クロミドリシジミ♀#1
2013'06'29,山梨県北杜市

北杜・韮崎周辺はどこも木が伸びてしまい、以前のポイントでは撮影は難しいと感じた。各地に伐採地はあるが、ゼフィルスに適した林があまりないようにも感じる。

帰りは、神奈川県の桜の古木を見ながらキマルリがいるかもなー、なんて家路に着いた。



まぁ、富山は遠かったですわ。
[PR]
by crysozeph | 2013-07-03 00:05 |

ヒメギフチョウ、ヒメシロチョウ@北信州

5月3~4日にかけて前回お伝えしていた通り白馬村に行ってきました。蝶目的で白馬に行くのはほとんど初めてで、右も左も分からず結構苦戦しました。

初日の3日はクモマツマキチョウを見に戸隠に行きました。
積雪の影響でフライングだろうなとは思っていましたが・・・、着いてみると前日の寒波の影響で何と新雪が。これはフライング以前の問題であり、少なくとも蝶が飛ぶような気温にはなりそうもなく早急に予定変更。

新潟にも同様にGWからクモツキが(例年なら)発生している場所があるので、急遽そちらへ。

e0188677_23141459.jpg
クモマツマキチョウの生息地付近
2013'05'03,新潟県

発生しているという情報はあったが、午前中いっぱい待ったものの結局現れず。残雪と新緑が美しいが、ほとんどなんの蝶も見かけず非常に残念。

午後は新潟・長野県境あたりからギフ・ヒメギフを探しながら南下することにしました。環境は非常に良いが、決定的な場所がなくまたも苦戦する。

長野県に入ったところで何とかヒメギフを発見。かなり活発に飛んでいるが、雌のようで産卵場所を探しているような飛び方をしている。時折、林床で休むのでその時を狙いとりあえず1枚。
e0188677_2329581.jpg
ヒメギフチョウ♀
2013'05'03,長野県

そこそこの赤上がりの個体で美しい。私有地だったらしく(ほとんどの2次林は私有地だが)、林業をしている方に事後報告ながら挨拶をする。撮影ならいいよと言って頂いたが、遠慮して出てきてしまった。非常に手入れの行きとどいた林であり、従ってヒメギフも発生するのだろうと思うと頭が上がらない。

この頃から雲行きが怪しくなり始め、ギフ・ヒメギフのポイント開拓は諦めざるを得ない状況。仕方ないので、既知のヒメシロチョウのポイントへ行ってみる。と云っても10年前以来だったので、正確な場所は覚えていない。

それらしい場所に車を止め、歩くとほどなく弱々しいシロチョウが飛びだす。
e0188677_2339867.jpg
ヒメシロチョウ♂#1
2013'05'03,長野県

午後3時を過ぎていて、気温も低いこともあり非常に不活発。余裕があるので広角でも撮ってみる。

e0188677_23441956.jpg
ヒメシロチョウ♂#2
2013'05'03,長野県

日が陰ると途端に飛ばなくなり、背景と同化し非常に分かりづらい。

e0188677_23413146.jpg
ヒメシロチョウの生息地付近
2013'05'03,長野県

こんな何でもないような場所で発生している。似たような場所は沢山あるのに、生息地が限られるのが不思議だ。

宿に行くには早すぎるので、次にクロツバメシジミのポイントへ行ってみる。
こちらもさすがに早いと思いきや、先にいらっしゃった蝶屋の親子が1頭撮影されたらしく、探してみる。食痕がある株は多かったが、成虫や蛹を見つけることは結局出来なかった。

その日はみそら野の宿で1泊。

次の日、満を持して朝からギフを探す。
・・・白馬でのギフの撮影は初めてだが、まぁ行けば分かるっしょ、保護されてるんだから沢山いるっしょという軽いノリで来たのが間違いで、苦戦する。

スキー場や別荘地など、一通りポイントを回ったがどうも少しずつズレているらしく、中々ギフが見つからない。仕方なく、有名なお寺に行ってみるが人が多い多い。

時間をかなり浪費してしまったので、既知のヒメギフのポイントへシフトすることに。前日のヒメシロのポイントに近いので、もう1回ポイントをのぞいてみる。午前中で気温も高く、打って変わって活発に飛んでいる。
花にも訪れるが、非常に短く撮影はなかなか出来ない。そんな中、不活発に下草に止まる個体を発見する。
e0188677_23591176.jpg
ヒメシロチョウ♀#3
2013'05'04,長野県

発見した直後、直感的にこいつは雌だと思いしばらく観察して見ることに。しばらくすると雄が絡んできた。
雌が嫌がるようにして少し飛んだがすぐに止まった。すかさず隣に雄が止まり求愛を始める。
e0188677_021047.jpg
ヒメシロチョウ左♂、右♀#4
2013'05'04,長野県

隣というより上にのしかかっているような状況。程無くして交尾成立となった。
e0188677_054773.jpg
ヒメシロチョウ左♂、右♀#5
2013'05'04,長野県



昼を過ぎると白馬付近は雲に覆われ始め、仕方なく南下することに。隣の大町市でヒメギフを探すことにする。ここも来るのは10年振りなので、ここも記憶を頼りに探してみる。車道近くの発生地だったので車で流しながら探すが見られず、降りて見るがどうやらフライングの様。

雨もぽつぽつ降り出したのでヒメギフも諦め、その後は夏のゼフィルスの下見に費やしました。

白馬のギフチョウは残念でしたが、今回は完全なる予習不足。情報弱者は人一倍予習しないとダメですね^^;
GWも終わると次は夏の蝶が出始める時期ですね。次こそクモツキに行くか、はたまたミヤマカラスアゲハ。それとも高標高のギフを行くか。嬉しい悩みで数日考え込むとしましょうか(笑)
[PR]
by crysozeph | 2013-05-05 00:31 |

2013年始動、恒例のモンキチョウ@多摩川

ブログを放置し始めて早4ヶ月・・・。

今年は例年に比べて気温が低かったり積雪が多かったりと春の到来はまだまだ先かと思っていました。
しかし、ここ数日は4月を感じさせるような気候で一気に春へ加速した模様。九州では桜の開花したらしく、今年も季節を読みにくい春になりそう。

この時期は毎年花粉症で外出は出来るだけ避けたいところではありますが、そんな中いつもの河原にモンキチョウの様子を見に行ってきました。


例年、15日前後に見に行ってるが、遅い年だと未発生の場合もあるので正直不安だった。

着いてみると、案外結構な数が飛んでいる。雄がほとんどであるが、雌も数匹混じる感じ。
e0188677_15485520.jpg
モンキチョウ♂#1
2013'03'12,神奈川県川崎市

e0188677_15511690.jpg
モンキチョウ♀#2
2013'03'12,神奈川県川崎市

他にもモンシロチョウもいたが撮影は出来なかった。

久しぶりに一眼を触ったので、なんか勝手を忘れかけている。飛んでいるのを追いかけるのも一苦労(笑)

e0188677_15581578.jpg
モンキチョウ♀#3
2013'03'12,神奈川県川崎市

もうあと2週間もすればギフチョウが始まり、いよいよ忙しい季節がやってくる。非常に待ち遠しい!
[PR]
by crysozeph | 2013-03-13 16:10 |

ヒメヒカゲ@高ボッチ、タカネキマダラセセリ・オオゴマシジミ@北アルプス

ご無沙汰しています。

土曜日、ようやく試験も終わり勉強から解放されました。

残り僅かな学生生活の夏休み。人生の夏休みといわれる大学生の夏休みですよ。そりゃ始めから飛ばします^^;

まず初日の日曜日。去年は時期が遅くスレしか見ることが出来なかったヒメヒカゲを見に高ボッチへ。

時期はどうかなと思っていたのですが、雌雄ともに新鮮な個体を見ることが出来、個体数もそこそこ多く当たりの時期だったようです。

e0188677_0522496.jpg
ヒメヒカゲ♂#1
2012'07'29,長野県岡谷市
e0188677_0524845.jpg
ヒメヒカゲ♀#2
2012'07'29,長野県岡谷市

薄日が射すと翅も開きはじめた。
e0188677_0531926.jpg
ヒメヒカゲ♀#3
2012'07'29,長野県岡谷市

相変わらず、吸蜜の写真は撮れなかったが開翅が見れたことは1歩前進^^;

次の日に備え、この日は早めに宿に移動。

翌日。

北アルプスにタカネキマダラセセリを撮りに挑みました。過去に何回か行ったポイントです。

今年は雪渓が多く、まだ谷底は桜が咲いているような状態でしたが、瓦場を登るといつも通りの季節進行でした。着くとすぐに小さい独特の飛び方をする蝶が。

e0188677_0534020.jpg
タカネキマダラセセリ♂#1
2012'07'30,北アルプス某所

このポイントでは、午前中にテリを張り、午後は崖の上に吸蜜に行ってしまうので午前中が勝負です。

…ふと見ると、自分の腕に雌が止まっているじゃないですか(笑

その雌が雄に見つかり、雌が移動。それがこの図。遠いのが残念です。

e0188677_054193.jpg
タカネキマダラセセリ♂(手前)、♀(奥)#2
2012'07'30,北アルプス某所

期待しましたが、交尾は不成立でした^^;

e0188677_0541925.jpg
タカネキマダラセセリ♀#3
2012'07'30,北アルプス某所

その後は、産卵しそうな雌を追っかけまわしてましたが、なかなか産卵しない。その代わり花にはよく訪れる。特にこのマルバダケブキがお気に入りのよう。ハクサンフウロに来てほしかったが、なかなかうまいこと行ってくれない。
時期が早かったのか、いつも常連のベニとクモベニは全く見ることなかった。

一通り撮影出来たので、標高を下げオオゴマシジミを見に行く。

前日、宿で蝶屋さんにお会いし、発生状況を聞いたところ、今年は1頭見るか見ないかくらいの状況だそう…おう;;

そんな話を聞いていたので心配したが、結構数はいました。やはりある程度の数を見るには歩かないとダメですよ(3時間程^^;オオゴマに3時間はちょっと笑)
e0188677_0544953.jpg
オオゴマシジミ#1
2012'07'30,北アルプス某所
e0188677_0545881.jpg
オオゴマシジミ#2
2012'07'30,北アルプス某所

このようなササが混じる渓流沿いが生息地となっている。

e0188677_055545.jpg
オオゴマシジミ#3
2012'07'30,北アルプス某所

なにか見慣れない花にも止まってくれた。

クモベニが見れなかったのが残念だが、ネキとオオゴマが見れたので満足!

さて、また翌日。まだ続きます(笑

今日(日付変わって昨日)は、常念岳にミヤマモンキチョウとタカネヒカゲを見に行ってきました。
ミヤマモンキは浅間山系で見たことありますが、撮影はしたことがなく、タカネヒカゲは見たことも、むしろ生息地にも行ったことがありませんでした。
日帰り出来る場所ということで常念になりました。正確には常念乗越ですが^^;

さて、駐車場を5時に出ていよいよ登山開始!最初の数時間は蝶も何もいなくて退屈でしたが、沢沿いに出るといました。

e0188677_154414.jpg
タカネキマダラセセリ♂#4
2012'07'31,常念岳一の沢

生息しているのは知っていましたが、特に探していた訳でもないので見つけられてラッキーでした。しかし何か前日のデジャブで、思うようにテンションが上がらず、この1枚しか撮ってなかったという^^;

どちらかといえばこっちの方が嬉しかった。
e0188677_1114945.jpg
クモマベニヒカゲ♂
2012'07'31,常念岳一の沢

翅の表裏の両方を意識するとどうしてもこの角度になってしまう。こんなことをしながら登っていたので、結構早歩きで登ったつもりでしたが、コースタイム通りの時間になってしまった。

ようやく乗越に着くと…


ミヤマモンキとタカネヒカゲは、2種で500枚くらい写真撮ったので別に載せます(笑)

続く
[PR]
by crysozeph | 2012-08-01 01:29 |

多摩川のモンキチョウ

本日はあまり気温が上がらないという予報でしたが、天気は良いので多摩川のモンキチョウにリベンジいたしました。

アゲハやギフチョウの便りが聞こえる中、自分はまだ新成虫を写真に収めてないので・・・とりあえずモンキチョウから始めないと時期も掴めないですし^^;

多摩川に着くとさっそく飛んでいる。
e0188677_17533251.jpg
モンキチョウ♂#1
2011'03'25,神奈川県川崎市

とりあえずマクロで1枚撮れたが、活発に飛んでいてなかなか近付けない。複数いたが数は少なく雌は見れなかった。去年よりも10日~2週間ほど遅いことになる。

オオイヌノフグリやタンポポに来るが時間が短く撮影は困難・・・。枯れ草が邪魔でこれが精一杯。
e0188677_185372.jpg
モンキチョウ♂#2
2011'03'25,神奈川県川崎市

そのうち不活発になってきて徐々に近付けるようになってきたので広角でも1枚。
e0188677_1884963.jpg
モンキチョウ♂#3
2011'03'25,神奈川県川崎市

季節感を表現できた写真になった。

次にモンシロチョウでもいないかと畑の畦に行くとヤマトシジミを見つけた。青い部分が広いので雄かと思ったのですが、どうやら雌のようですね。
e0188677_1813598.jpg
ヤマトシジミ♀#1
2011'03'25,神奈川県川崎市

別角度からもう一枚。
e0188677_18174629.jpg
ヤマトシジミ♀#2
2011'03'25,神奈川県川崎市

今日は、自分でも春が来たと実感出来た1日となった。

今年は2~3月に低温が続いたが、これがどの様に季節の進行に影響するのか。。。5月くらいまでは遅れ気味で進行して夏になるにつれて戻るというパターンのような気がする。根拠は全くないが(笑)東京で4月7日に桜が満開となった2005年に似てると思う。

自分は、3月中にモンシロチョウとアゲハを片付けたい。
[PR]
by crysozeph | 2011-03-25 18:34 |

松本の蝶

ゴマシジミの後は帰りながら蝶を探した。

まずミヤマシジミとクロツバメシジミを探すが、ミヤマは見つかるもののクロツは見つからない。クロツの探し方がよく分からないというのが事実^^;

しかし炎天下の中、河川敷での撮影は地獄。。。まだ早いのか雌も見つからず、新鮮な雄が数頭いただけ。翅も開かず、これも秋にまたリベンジになりそう。

ミヤマシジミ
e0188677_18241783.jpg
e0188677_1826690.jpg


暑いのでこれ以上ここに留まることは無理だったので、近くの林道に移動した。

これといった蝶がいないが、スジボソヤマキチョウがいた。お決まりの逆光と飛翔で表翅を狙った。

スジボソヤマキチョウ
e0188677_1829423.jpg
e0188677_18291394.jpg

スジボソヤマキもこの時期くらいしか新鮮なものは見れない。

昼になったので、インター近くのムモンアカシジミを探しに行った。初めて行く場所だが、車から降りると蟻が沢山登ってる木を発見。

こんな感じのところにいるのかなーと見上げたら…いた(笑)
ムモンアカシジミ
e0188677_18372756.jpg

しかし、まったく動いてくれないし、枝を揺らしたら飛んでいってしまった。周りを見ると高い所を飛ぶ個体が見られたが、断念。。。

消化不良な1日だったが、来年の課題としとこう。。。
[PR]
by crysozeph | 2010-08-20 18:41 |