人気ブログランキング |


好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

東北地方のベニヒカゲ、ゴマシジミ
at 2019-08-13 00:31
シロウマシジミ
at 2019-07-22 16:16
2019年前半
at 2019-06-28 00:08
2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00

記事ランキング

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(46)
(25)
(17)
(16)
(14)
(14)
(7)
(7)

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶
【蝶フィールド日記】~チ...

ブログジャンル

自然・生物

その他のジャンル

東北地方のベニヒカゲ、ゴマシジミ

最近、毎年恒例となっている東北遠征。
去年は下北の尖端まで行ってゴマシジミ三昧という感じだったが、今年は中々機会のない東北ベニヒカゲも合わせて行くことにした。

場所は焼石岳。アプローチが結構キツく、登りは3時間くらいかかってしまった。

e0188677_23324656.jpg
焼石平手前の雪渓付近
2019'08'08,岩手県焼石岳


この雪渓から少し歩いくと森林限界になっていて、その辺りからぽつぽつとベニヒカゲが目に付くようになってきた。

ただ、時刻は12時なので活発に飛んでおり撮影はあまり出来ない。
e0188677_23330981.jpg
ベニヒカゲ
2019'08'08,岩手県焼石岳

時期は雄の最盛期でほとんどが雄、雌は数頭しか見なかった。
e0188677_23404597.jpg
ベニヒカゲ
2019'08'08,岩手県焼石岳

下山は1時間半くらいでささっと降りてこられた。


翌日はさらに北上して下北半島のゴマシジミを探索することに。岩手から下北半島は近い様で300キロくらいの行程がある笑

いつもは東通村まで行くが、今回は六カ所村と横浜町付近で探す。

まず昨年沢山いた六カ所村北部の休耕田のポイント。台風の影響で風が強く撮影は難航。
e0188677_23490132.jpg
ゴマシジミ
2019'08'09,青森県六カ所村

昨年は3桁いるのでは?というくらいだったが、今年はちらほら散見する程度。といっても中部と比べたら格段に多いレベルなのは間違いないが。
海沿いなので風が強く撮影は殆ど出来なかった。

既知のポイントを覗いてみるがどこも個体数が少ない。陸奥湾側の横浜町に行っても数頭飛んでいる程度。


午後は少し戻って八甲田山に行った。
e0188677_23561786.jpg
キベリタテハ
2019'08'09,青森県八甲田山

温泉が出る河原にキベリタテハが来ていた。

e0188677_23564835.jpg
ゴマシジミ
2019'08'09,青森県八甲田山

八甲田にもゴマシジミはいるが、高標高なので発生が早くいつ行ってもスレた個体しか見られない。といってもこれだけを目的に7月下旬に来るのはなぁ・・・。

次の日は天気が悪く、高原の蝶は絶望的。仕方が無いので、横浜町でゴマの開拓をする。
下北半島はそこかしこに湿地が残っていて、時期さえ合えばどこにでもゴマシジミはいそうである。

最初に車を止めた場所は柏の防風林があり、その向こうが湿地になっている様な場所。
e0188677_00071148.jpg
ウラジロミドリシジミ
2019'08'10,青森県横浜町

狙い通りウラジロミドリがいた。こちらも時期が遅く当然擦れているがそこそこの個体数がいる。下に降りてこないが大きいのも飛んでいたので、恐らくハヤシミドリも混じっていただろう。

そういえばこの辺りにはキタアカシジミはいないのだろうか?ゼフのシーズンは7月中頃だろうが、来ることはあるのだろうか?

防風林を抜け湿地に出てみるとワレモコウが生えており、そこは絵に描いたようなゴマシジミのポイントが拡がっていた。
e0188677_00115571.jpg
陸奥湾沿いの湿地
2019'08'10,青森県横浜町

ゴマシジミを探して竿で湿地をスイーピングしていると、ふわふわ白い蝶が飛び出した。
モンキチョウの雌かとスルーしようとしたが、遠目に見てもその大きさに違和感を感じたので、近くに行ってみるとなんとオオモンシロチョウ!
e0188677_23573590.jpg
オオモンシロチョウ
2019'08'10,青森県横浜町

今まで4度青森に来てその度に探していたが、今回ようやくその姿を拝むことが出来た!
e0188677_23572292.jpg
オオモンシロチョウ
2019'08'10,青森県横浜町

めっちゃデカい!!笑

このあともゼフやゴマを探したが、天候が悪くウラジロミドリが見られた程度。帰りは7時間かけて都内に帰ってきました笑

ゴマシジミは昨年と比較すると少々少なく残念だった。天候不順が原因か、季節進行が遅くフライングだったのかはよく分からなかった。また4年前にみたムモンアカシジミの乱舞の幻想を今年も追ってみたが全く見られず、こちらも課題を持ち越す形となった。

関東からのアクセスは楽ではないけど、また行きたくなる場所なのは間違いない。
# by crysozeph | 2019-08-13 00:31 |

シロウマシジミ

アサマシジミは好きな蝶だが、あまり詳しくはない。
ヤリガタケ、ハクサン、ミョウコウなど憧れる個体群は沢山あるが、今回は情報を貰ったシロウマシジミを狙ってみた。

e0188677_15382864.jpg
アサマシジミ
2019'07'20,北アルプス


ポイントに着くと早速河原を飛ぶ青い蝶が見えた。ヒメシジミかアサマシジミかと近づくと紛れもない青いアサマシジミだった。

ただそいつはかなりスレていて時期を逃したか?と不安になる。

河原をもう少し進むと灌木の裏側が開けていることに気付いた。そこには数本のイワオウギとタイツリオウギがありここが発生地か?程なくして1頭のアサマシジミが飛んでくる。が、そいつは白馬平地の個体かと思うレベルの真っ黒の個体・・・。

仕方ないので対岸に渡ってみると、オウギの群落がありそこそこの個体数がいた。

ここが真の発生地の様で、今まで一切見なかった雌もここでみることが出来た。
e0188677_15482265.jpg
アサマシジミ
2019'07'20,北アルプス

e0188677_15483935.jpg
アサマシジミ
2019'07'20,北アルプス

e0188677_15485729.jpg
アサマシジミ
2019'07'20,北アルプス

e0188677_15504409.jpg
アサマシジミ
2019'07'20,北アルプス


グレードも鮮度も選んで撮影してたが、実際は半分以上がスレていたり黒かったりとで写真映えする個体は半分以下でした。その代わり個体数はそこそこ居た印象。


下山したら栂池でも行こうかと思っていたが、思った以上に疲弊してしまい宿の庭にあるカシワを見て回ることに。
e0188677_16014848.jpg
ウラジロミドリシジミ
2019'07'20,長野県白馬村

ちょうどテリトリーが始まったようなので、10mにもなるカシワの上を飛ぶゼフを眺めてたら交尾個体が落ちてきた。
ゼフの交尾はあまり目にする機会がないので、当然ウラジロの交尾も初撮影。

More
# by crysozeph | 2019-07-22 16:16 |

2019年前半

e0188677_00383941.jpeg
ギフチョウ
2019'04'06,福井県
杣山型狙いで初の福井県に行ってみたが現実は甘くない。


e0188677_00415446.jpeg
ヒメギフチョウ
2019'04'13,宮城県

e0188677_23471389.jpg
ヒメギフチョウ
2019'04'13,宮城県
最近中部で見ることが難しくなってしまった本種。思い切って東北まで足を伸ばしてみた。


e0188677_00471559.jpeg
キビタキ
2019'05'05,山形県
GWはギフとヒメギフを見に山形まで行ってみたが大した成果が上がらなかった。


e0188677_00540783.jpeg
オオルリシジミ
2019'05'23,某所


e0188677_23471690.jpg
ミヤマシジミ
2019'06'02,長野県松本市
そろそろミヤマシジミも真剣に撮らないと。


e0188677_23461253.jpg
ヒメヒカゲ
2019'06'08,東海地方某所
初の東海地方のヒメヒカゲ。長野とはだいぶ違う顔。


e0188677_23465356.jpg
ウラナミジャノメ
2019'06'15,某所
自身初見のウラナミジャノメ。友人からポイントを伝授して頂いて撮影出来た。


e0188677_23464893.jpg
キマダラルリツバメ
2019'06'15,京都府
最近ハマり気味の京都のキマルリ。吸蜜じゃなくてテリ張りです。京都で低い場所でテリ張るのは珍しいのでは?


e0188677_23465914.jpg
オオヒカゲ
2019'06'15,京都府
長靴必須でした。


e0188677_23464272.jpg
ウラジロミドリシジミ
2019'06'16,滋賀県
次の日は豪雨だったが叩き出して撮影。当然翅は開かない。


e0188677_23463571.jpg
アサマシジミ
2019'06'22,某所
低地のナンテンハギ。

e0188677_23463124.jpg
アサマシジミ
2019'06'22,某所
ちょっと高地のエビラフジ。

e0188677_23463801.jpg
アサマシジミ
2019'06'22,某所
低温障害?で斑文抜けと斑文流れが出た個体。ヒメシジミではたまに見るがアサマで見るのは初めて。


こんな感じの前半戦でした。
# by crysozeph | 2019-06-28 00:08 |