好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

以前の記事

2018年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

2018年まとめ

e0188677_02504234.jpg
アオバセセリ
2018'04,神奈川県
生田緑地。初めて行ったけど、撮影者沢山いて驚いた。来年は高尾山で撮影しよう。

  
e0188677_02511534.jpg
ホソオチョウ
2018'04,埼玉県
時期が遅くボロボロのみ。春型はまともに撮影してないので来年の課題。


e0188677_02560774.jpg
ギフチョウ
2018'04'29,長野県白馬村
バンドの交尾。


e0188677_02561194.jpg
ヒメシロチョウ
2018'04'29,長野県白馬村
季節進行が早くいつもなら発生初期なのに、もう産卵していた。


e0188677_02561570.jpg
ミヤマシジミ
2018'05'27,山梨県
他の副産物。


e0188677_02561865.jpg
キマダラルリツバメ
2018'06'09,京都府
初の京都のキマルリ。他の人が見つけてくれたのを一緒に撮らせてもらった。


e0188677_02562164.jpg
キマダラルリツバメ
2018'06'09,京都府
駅前のキマルリ。今度は自分で見つけられた。


e0188677_02562476.jpg
アサマシジミ
2018'06'16,新潟県
少し標高の高いアサマシ。


e0188677_02562749.jpg
アサマシジミ
2018'06'16,長野県白馬村
平地のアサマシ。こちらは雌も出ていた。


e0188677_02563070.jpg
キマダラルリツバメ
2018'06'23,福島県三島町
久しぶりの福島のキマルリ。当たり年だったのか乱舞していた。隣町での採集がメインのため撮影は適当。


e0188677_02563325.jpg
コヒョウモンモドキ
2018'06'30,長野県
いつもより早めに行ってみたコヒモ。羽化したての雄ばかり。


e0188677_02563736.jpg
オオミスジ
2018'06'30,長野県
コヒモのポイントの脇にあった梅にオオミスジが絡んでたから、よく見てみると雌の蛹に求愛していた。この生態は初撮影だったので喜んで撮った。


e0188677_02564091.jpg
ゴマシジミ
2018'08'11,青森県
e0188677_02564602.jpg
ゴマシジミ
2018'08'11,青森県
青森のゴマシジミ。100頭くらいいた。





今年もぼちぼちって感じですね。
[PR]
# by crysozeph | 2018-10-05 19:05

2017年まとめ

最近、こちらはすっかり放置してたので数年分まとめて自分のメモ用に更新。
e0188677_01593044.jpg
ギフチョウ♂#1
2017'05'14,長野県南部

e0188677_02032515.jpg
ギフチョウ♂#2
2017'05'14,長野県南部

無断転載され始めたので、とりあえずここの載せて自己アピールしておきます。

当日、バンドを採集しようと訪れた長野県南部。カラマツ林を歩いていたら不意に足下から飛び出して反射的に採った個体。やや羽化不全気味だが、非常に良き個体。採った直後は手が震えた。
グレート高めのバンドという表現がいいのか?前翅の尖端や尾状突起まで橙色が出てるのは驚き。

e0188677_02133278.jpg
ギフチョウ♂#3
2017'05'14,長野県南部

撮影は白馬でも出来るという事で疎かにしてましたが、何とか数枚。

e0188677_02152532.jpg
ギフチョウの生息地
2017'05'14,長野県南部


あとは夏の蝶。
e0188677_02193166.jpg
アイノミドリシジミ
2017'07'21,長野県松本市

e0188677_02230840.jpg
▲アサマシジミ♀
2017'07'21,長野県白馬村

アサマは平地なのにまだ綺麗な雌がいた。


e0188677_02214396.jpg
コヒョウモンモドキ♀
2017'07'20,某所

e0188677_02294839.jpg
オオヒカゲ
2017'07'29,長野県

e0188677_02322102.jpg
キマダラモドキ
2017'08'14,山梨県
e0188677_02350272.jpg
ベニヒカゲ
2017'08'19,長野県


バンド、アサマ、コヒモ、目無しベニと、みーはーな種類ばかりの1年

[PR]
# by crysozeph | 2018-10-05 19:00

ゼフィルス@北信

7月に入り、蝶屋にとって一年で一番忙しい時期になりましたね。7月第1週は選択肢が多すぎて毎年悩みますが、キマルリや久松などはもう遅そうなので、夏の蝶を探しに北信まで行ってまいりました。

土曜は飯山と上越・十日町の県境あたりのブナ林にでも行こうと思ったのですが、現地に着いてみると朝から豪雨。雨雲レーダーを見ると白馬の方は雨は降っていないようなので、急遽変更。

まずは、あまり得意でないカシワ喰いのゼフを見に行ってみる。
昨年来た時はマイマイガ(?)の大発生で、見るも無残なカシワ林でしたが、今年は結構奇麗な木も多い。

カシワは遠くからだと、樹形のせいかあまり大きく見えないが、近づくとその大きさに8m竿でも躊躇する。おまけに枝が太いため疲れる^^;

20~30本叩いて、ようやく最初の1頭が見つかる。まだ午前中なので不活発ですぐ落ちてきた。

e0188677_23581115.jpg
ハヤシミドリシジミ♂#1
2015'07'04,長野県

やはりまだ発生が始まったばかりで、個体数は非常に少ない。ウスイロオナガでもいれば良いのに、他にはミズイロオナガを数頭見ただけでした。

いつもはあまり奥まで行かないのですがまだまだ消化不良なので、今回は少し奥まで行ってみる。
入口付近からみると大した大きさではないが、ここのカシワの疎林は山梨と比べると規模がケタ違いである。

木を叩くと、またシジミが下りてきた。ん?雌かな、と思い近づくと
e0188677_032232.jpg
クロシジミ♂#1
2015'07'04,長野県

クロシジミでした!木の上飛んでると、ゼフィルスと見分けが全くつかない笑
周りのススキを叩いてみるとそこそこの個体がいた。すでに雌も何頭かいたようだ。

e0188677_0545100.jpg
クロシジミ♂#2
2015'07'04,長野県

クロシジミはここ数年、数回遭遇してますが、中々翅を開く場面に遭遇しませんね・・・。幸運にも自宅の近場にも産地があるので、これは来年の課題にでもしておきましょう。

カシワ林にもどり、またハヤシミドリを探してると幸運にも再び1頭見つかりました。
翅をすりすりしてるので、近くで見守っていると
e0188677_01234.jpg
ハヤシミドリシジミ♂#2
2015'07'04,長野県

入り組んだススキの中で翅を開いたので、これ以上近づけず・・・。

午後になり、夕方に活動するゼフも探しに先々週のアサマで目星を付けておいた場所へ移動することに。
ゼフィルスでは初めてくる場所だが、着くとすぐにテリを張ってる個体を見つけることができた。

e0188677_0153025.jpg
エゾミドリシジミ♂#1
2015'07'04,長野県
e0188677_0155135.jpg
エゾミドリシジミ♂#2
2015'07'04,長野県

翅のみでの同定にあまり自信がないですが、時間帯では間違いなくエゾミドリだ。エゾミドリの撮影は初めてなので、非常に嬉しい。
しかし、普通は高所でテリ張りするエゾがなんで目線の高さで・・・と思ったら、頭上には相当な数の個体が飛びまわってる^^;テリ争いで負けて、仕方なく下に降りてきたのでしょうか?笑

といっても、2mほどあるので、上手く全体を光らせる角度では撮れず。

ウラクロやウラキンも期待してたほど飛ばず、この日はこれで終了。


翌日、6時に起きるはずが1時間寝坊してしまう^^;慌てて、昨日エゾミドリがテリ張りしてたポイントへ向かう。

7時半くらいに着くが、まだ気温も低く静かな朝という感じ。ジョウザンが飛び出すまで、近くの木を叩いてみる。

最初に降りてきたのは、Favoの雌だ。
結構あっさり翅を開いたので、裏を撮影するのを忘れてしまった^^;

e0188677_0251443.jpg
ジョウザンミドリシジミ♀#1
2015'07'05,長野県

そのときは雰囲気でジョウザンミドリかなという感じで撮影してたが・・・根拠はありません笑

次は嬉しい嬉しいウラミスジシジミ!
e0188677_0301267.jpg
ウラミスジシジミ#1
2015'07'05,長野県

15分くらい睨めっこしてたら・・・
e0188677_0311734.jpg
ウラミスジシジミ#2
2015'07'05,長野県
表翅は初撮影!

そうこうしているうちに8時になりジョウザンが飛び始めた。

e0188677_039234.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#2
2015'07'05,長野県

ジョウザンは目線より下に止まることが多いので、本当に助かる!ただ、ここは背丈が高い下草が多いので、見下ろすには脚立が必要^^;

e0188677_0354259.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#3
2015'07'05,長野県

林道沿いに脚立を立て、バランス崩さないように撮影するのは結構難しい。蝶を目の前にすると、意識が100%そっちに行くので、なおさら危ない笑

いつの間にか、脚立でテリ張りする賢いやつも現れる^^;
e0188677_0412427.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#4
2015'07'05,長野県

撮影するには個体数が多すぎて止まる時間が極端に短いのが難点だが、素直な場所に止まってくれるし、カメラのレンズも気にしないでくれるので、撮影し放題だった!

e0188677_0442154.jpg
ジョウザンミドリシジミ♂#5
2015'07'05,長野県

初撮影のエゾミドリとウラミスジを撮れたのは、個人的に非常に嬉しい。ジョウザンミドリとは相性が良くて、今回も結構撮影出来た。ただ朝早いので、現地に泊まる必要があるのはちょっとキツいかな笑

次回はハヤシとウラジロが撮りたいですねー。
[PR]
# by crysozeph | 2015-07-05 23:58 |