好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

以前の記事

2018年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

多摩川のウラゴマダラシジミ

梅雨の中休みとなった今日。

先週からウラゴマダラシジミが見られるようになったというので、初めて行く場所ですが多摩川まで探しに行ってきました。

河川敷で見られるなんて少し意外ですが、確かにイボタの木は沢山あります。

e0188677_2216479.jpg
ウラゴマダラシジミのポイント
2011'06'04,東京都多摩市日野市

ウラゴマダラシジミは原始的なゼフィルスに共通する黄昏飛翔で活動するので、まだ時間は早い。

カメラとネットを持った人がいたので挨拶してみる。御名前も聞き忘れてしまったのですが、色々勉強になりました。ここでは3~5時くらいに活動するそうです。


いよいよ3時が近づいてくる。すると1頭のウラゴマダラシジミが飛び出した。時刻は2時45分を過ぎたところ。ゼフィルスは本当に規則正しいリズムで生活していて、crysozephも見習わなくては...。

1頭飛び出すと、次々と飛び出す。しかしなかなか止まらない。雄は雌を探すように、イボタの周りを縫うように飛ぶ。

すると1頭が葉に止まった。偶然にも翅も開いてくれた。

e0188677_22265789.jpg
ウラゴマダラシジミ#1
2011'06'04,東京都多摩市日野市

雌だろうか?活発な雄と比べ、雌はやや不活発。残念ながら、左翅の先端を失っているし角度も厳しいが、初めて表翅を撮影出来たのでまぁ満足といったところ。

次はイボタでの吸蜜を撮りたい。

その後はまた飛翔を繰り返して、なかなか機会は訪れない。そろそろ活動が終わろうかという5時前。イボタに止まっている個体を見つけた。

e0188677_22313449.jpg
ウラゴマダラシジミ#2
2011'06'04,東京都多摩市日野市

5時を過ぎるとかなり撮影機会も増えてきた。

e0188677_22333157.jpg
ウラゴマダラシジミ#3
2011'06'04,東京都多摩市日野市

e0188677_2234472.jpg
ウラゴマダラシジミ#4
2011'06'04,東京都多摩市日野市

e0188677_22355975.jpg
ウラゴマダラシジミ#5
2011'06'04,東京都多摩市日野市

やはり撮影に適しているのは、午前中かもしれない。午後はなかなか羽を開く機会が少なかった。

~追記~
場所を地図でよく見てみると日野市でした。訂正します。6月7日0:30
[PR]
by crysozeph | 2011-06-04 22:47 |