好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

記事ランキング

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

ブログジャンル

自然・生物

雨から逃れる南下旅行2

前回の続き。

車を走らせると凄まじい雷雨となってしまい不安だったが、松本まで戻ってくるとなんとか雨も上がった。

先週あたりから発生が始まった、高ボッチのヒメヒカゲを見に行くことにする。

松本盆地から見ると、高ボッチや鉢伏山あたりはスッポリ雲の中に隠れてしまっている。

この日は高ボッチ牧場で競馬(?)のイベントが催されていて、大変賑わっていたが、山頂直下の駐車場はいつもと変わらず静かなままで一安心。

雨もぎりぎり降っていない。

駐車場から山頂まではたった400mほどで、車で行けば非常にお手ごろな山である。

濃霧の中、登山道近辺の草地を探すと…いたいた、初めて見るヒメヒカゲである。

e0188677_21454587.jpg
ヒメヒカゲ♂#1
2011'08'06,長野県岡谷市

気温も低く、草の下に潜っていてなかなか撮りづらい。。。突っついても飛んでくれない。。。

周りを見てみると、そこそこ数はいるようだ。これは別個体。

e0188677_21494836.jpg
ヒメヒカゲ♂#2
2011'08'06,長野県岡谷市

時期はやや遅めなようで、ご覧の通り雄はかなりスレている。

雌はいないかと、再び周りを探してみる。下草を叩いたら、擦れていなさそうな色の濃い綺麗な個体が飛び出した。

e0188677_21533191.jpg
ヒメヒカゲ♀#3
2011'08'06,長野県岡谷市

やはり雌だった。後翅の眼状紋列内側の白帯も際立つし、また前翅の眼状紋も多く、雌らしい特徴が顕著に出ている。

このような個体もいた。

e0188677_21582518.jpg
ヒメヒカゲ♀#4
2011'08'06,長野県岡谷市

目玉模様が小さく、こう言っては失礼だが、なんだか間の抜けたような個体だ。

時期としては完全に雌の時期できれいな雄は全くいなかったが、天気もイマイチの中、初めて観察できたヒメヒカゲだったので満足できた。

このあと、やはり雨が降り出してしまい、山梨県に再び避難することに^^;

この時期の山梨県というと、クロヒカゲモドキやムモンアカシジミが思いつく。クロミドリシジミの雌も見ておきたいので、大きなクヌギがあるポイントに向かう。

天気と時間帯はあまりよろしくなく、あまり蝶は見られなかったがオオムラサキが多く、久しぶりの再会に、擦れているものが多いもののついカメラを向けてしまう。

e0188677_228381.jpg
オオムラサキ♂#1
2011'08'06,山梨県北杜市

ストロボを使ったら、予想以上に輝くブルーが際立った。普通種ではあるが、是非新鮮なオスの表翅も撮ってみたい。

しばらくしたら、また雨が降り出したのでこの日はこれで終了。天気の割りに楽しめた日だった。
[PR]
by crysozeph | 2011-08-11 22:15 |