好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

以前の記事

2018年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

ルーミスシジミ@房総

11月も半ば、立冬も過ぎてしまい暦上では冬、気候的にも朝夜は寒くまさに初冬と云ったところ。


この時期、目ぼしいものと云えばクロツ、ムラツ、昨年であればクマソなどといったところで、なんといってもルーミスシジミもこの時期の風物詩のようなもの。以前から行こうとは思っていたが、やや敬遠気味であった。
今日はこの重たい腰を上げて、寒空のなかまだ見ぬルーミスシジミを探しに房総半島まで行って来た。

近縁種のムラシ・ムラツの分布は今や本州に広く分布するのにこのルーミスは非常に局所的な分布をしている。一説には植樹のイチイガシの分布に依存しているとかなんとか・・・。そのイチイガシはどの木だかも分からない、完全に“予習不足”であった^^;

しかし、少なくてもムラシとは生態が似ているはずなのでムラシを探す気持ちでルーミスの探索を開始する。

沢を詰め、この先は元清澄山の登山道のようになっている。斜面に入って、日の当たる低い常緑樹を見て回る。ムラシならこんな感じのところに翅を広げていそうだ。しばらく探してみるが見つけられず、林道に戻って木を叩いてみることにする。

常緑樹が生えている周りを中心に叩いてみるが、ムラシも飛び出さない。開け過ぎているような印象を受ける。
しばらくし、道が沢に掛かり、木が鬱蒼と茂っているようなところを見つけた。6mほどのカシの木を叩いたとき、不活発に飛びだし低木に降りてきたシジミチョウを発見した。初めて見たがすぐルーミスだと分かった。


正確な位置が分からなかったが、葉の上に鎮座するルーミスをすぐに発見できた!!


少し距離があったので、父親に枝を手繰り寄せてもらい、とりあえず証拠写真を撮った。

e0188677_0141929.jpg
ルーミスシジミ♀#1
2012'11'18,千葉県

触角を閉じ、いかにも不活発ですよと云った止まり方。多少つついても飛ぶ気配はない。

仕方ないので、思い切って木を揺すってみた。ふらふら飛んで近くの木漏れ日に止まる。


開け、開け、開いたー!!

e0188677_0181046.jpg
ルーミスシジミ♀#2
2012'11'18,千葉県

ムラシ・ムラツをは違った美しさのある空色の表翅である。この時期としてそこそこ綺麗な個体でしょうか?年1化らしいので、この個体もすでに4~5カ月生きていることになるが、あまり傷も目立たないので、夏場はあまり活動しないのでしょうかね?

次に日陰に入れて撮影してみた。

e0188677_0222691.jpg
ルーミスシジミ♀#3
2012'11'18,千葉県

よりルーミスらしい色が出せた1枚になった。雌雄の区別はムラシ・ムラツと比べてつけにくいが、後翅を見る限り雌のような気がする。


この個体は、身体が温まったのか直後に樹冠に戻ってしまった。この後は気温が上がり、樹上を活発に飛ぶ個体が多く撮影機会は訪れませんでした。

何事も初めては上手くいかないものですが、今日はその中でも上手く行った方ではないでしょうかね、自分なりに満足いける結果に終わってよかった。

時間があれば年内か年明けにでも再チャレンジしてみたいと思います。ルーミスにハマりそうです^^;笑
[PR]
by crysozeph | 2012-11-19 00:28 |