好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

外部リンク

Self-intro.

Hi, I'm crysozeph.
I'm a pharmacy unvi student.
I live'n Tokyo.

No butterflies, No my life !

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

以前の記事

2018年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
more...

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物

ヒメシジミ@北信

北陸でゼフを撮影した次の日は、北信に移動し初夏の蝶を各地で見て来ました。

第一目標は、先日山梨で見ることが出来なかったアサマシジミ。山梨県内でしかアサマシジミを見たことがないので、是非とも青いアサマを見てみたいものである。


白馬村内の正確なポイントは知らないが、記録のある場所にまずは行ってみる。

車を降りるとすぐシジミチョウが飛び出し、ハッとなるが明らかにヒメシジミである^^;

e0188677_23154044.jpg
ヒメシジミ♂#1
2013'06'29,長野県白馬村

それにしても、どこにでも夥しい数がいる・・・。これは隣の大町の光景。
e0188677_23181775.jpg
ヒメシジミ♂#2
2013'06'29,長野県大町市

ヒメシジミの集団吸水は初見。

雌も新鮮な個体が多い。
e0188677_23195096.jpg
ヒメシジミ♀#3
2013'06'29,長野県白馬村

ヒメシジミは個体変異が多くて見ていて飽きない。この日は翅を開いてとまる個体が多く、表翅のみしか観察出来なかったがそれでも十分変異は見受けられる。

クロテン型の雄。
e0188677_23222392.jpg
ヒメシジミ♂#4
2013'06'29,長野県大町市

クロヘリ型。
e0188677_23225668.jpg
ヒメシジミ♂#5
2013'06'29,長野県大町市

白馬でも大町でも両者は完全に混飛していたが、実際は中間型のようなものが一番多かった。

一方の雌は、さらに個体変異が激しい。
e0188677_23281599.jpg
ヒメシジミ♀#6789
2013'06'29,長野県大町市

ヒメシジミばかり追っていて、本来の目的を忘れてたが、アサマシジミを探してみる。しかし、山梨などのヒメシジミと混生しない場合は自信持って見分けることが出来るが、いざ混生してるであろうと思いながらさがすのは中々難しい。

唯一これがそうかなと思って撮った個体だが、良くみるとそう思えない^^;左は確実にヒメシジミなのだが、右は一回り大きい。でも・・・やはりヒメシジミに見える。
e0188677_23334957.jpg
ヒメシジミ2♀#10
2013'06'29,長野県白馬村

ちょうど、雌の発生初期のようでいたるところで交尾を見かける。・・・しかし、これだけ個体数が多いと大変な騒ぎになる。
e0188677_23372863.jpg
ヒメシジミ#11
2013'06'29,長野県白馬村

もう訳がわからない(苦笑)


春に行った、ヒメシロチョウのポイントも近いので、のぞいてみるとこちらも夏型の発生初期であった。
e0188677_234075.jpg
ヒメシロチョウ♂#1
2013'06'29,長野県白馬村

夏らしいアザミでの吸蜜が撮れた。


この周辺のゼフィルスはもう1~2週間ほど先らしく、特に何もいなかった。




まだ時間があるので、山梨県内のインター近くのゼフィルスを見ていくことにする。(あまり写真はないですが)


まずはメスアカのポイント。
送電線下で、定期的に草刈りが行われるポイントなのだが、最近は経費削減のためか、頻度が減り撮影が出来る高さでなくなってしまった。その上、個体数も減ってしまい本日は1♂見たのみ。頭上でテリを張っていたが、どうもスレているようで撮影の気力が上がらず、撮影はスルー。念のため、ネットに入れてみるが間違いなくメスアカで、間違いなくスレていた(笑)

次にエゾミドリのポイントに行く。
こちらは全く撮影向きではない5m以上ある栗の木である。不思議とここにはエゾが集まる。久しぶりに来たら、木がさらに高くなっていて、周りも鬱蒼としている。こちらも叩きだして1♂確認したのみで撮影ならず。

最後にクロミドリを覗いてく。
例年通りオオムラサキが発生しており、クヌギを叩くと至るところから飛び出す。樹高が高く撮影は無理そう。クロミもそこそこ飛び出す。5頭目くらいでようやく肉眼で確認できるほどの高さに降りてきてくれた。
e0188677_23533657.jpg
クロミドリシジミ♀#1
2013'06'29,山梨県北杜市

北杜・韮崎周辺はどこも木が伸びてしまい、以前のポイントでは撮影は難しいと感じた。各地に伐採地はあるが、ゼフィルスに適した林があまりないようにも感じる。

帰りは、神奈川県の桜の古木を見ながらキマルリがいるかもなー、なんて家路に着いた。



まぁ、富山は遠かったですわ。
[PR]
by crysozeph | 2013-07-03 00:05 |