好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

記事ランキング

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

ブログジャンル

自然・生物

オオウラギンヒョウモン@某所

土曜日からの3連休は九州に行ってきました。初九州です!

秋の九州は色々見たい蝶が多く目移りしてしまいます。ワンツにシルビアに迷蝶に夏眠明けのオオウラギンに・・・と笑

土曜日、始発で新横浜から新幹線で博多へ!

初日は福岡県内を見て回ることに。と云っても観光ではないんですけどね(笑)自分は観光するなら真冬じゃないと蝶に目がいってしまいダメですね^^;

まず、近場にクロツのポイントがあるのでそちらに行ってみることに。こちらのクロツは河川敷や堤防のイメージですが、ご存じの通り九州は海クロツ。

ポイントに着くとすぐにタイトゴメが見つかる。ツメレンゲのサイズを想像していたがかなり小さい。しばらくすると本命登場。

e0188677_15315499.jpg
クロツバメシジミ♀#1
2013'09'14,福岡県

やはり別亜種とあってどことなく雰囲気も違って見える。

e0188677_15393549.jpg
クロツバメシジミ♀#2
2013'09'14,福岡県

同じ個体だが、左右で黒点が微妙に違う。

海を背景に撮りたかったが、台風の影響で風が強くクロツもそれを避けるように草の中を飛んでいる。

個体はそこそこいたが、新鮮な個体はこの雌だけだった。

e0188677_15431666.jpg
クロツバメシジミ♀#3
2013'09'14,福岡県

後は波打ち際なのに・・・残念な広角^^;

新鮮な個体が少ないので、少し移動することに。駐車場に戻ろうと、遊歩道を歩いていると卍っぽく飛翔している瑠璃色のシジミが。ヤクシマルリかなと思い、止まるのを待ってみる・・・と。

e0188677_15464322.jpg
クロマダラソテツシジミ♂
2013'09'14,福岡県

お前かよwww

しばらくしたら今年も関東に現れるのでしょうね。時間を使いたくなかったので、この1枚のみ^^

この後は、ウラナミジャノメやワンツを探したが、上手くいかず初日は終了。



次の日。目が覚めるとまだ真っ暗。5時なのに西日本はやはり日の出が関東に比べると遅い。


二度寝を迷ったが、少し早くても暗くても叩きだせば良いじゃん!ってことでこの旅の本命を探しに行くことに。


現地に着くとやはりまだ薄暗い^^;
しかし・・・まぁ、なんもないだだっ広い草原である。湿地近くのアザミがポイント!という情報が頼りなので、まず水辺周辺を歩いてみる。
朝露がまだ乾いていないので、草原に入る気がせず、道沿いから2mの竿で届く範囲だけ叩くというなんとも怠惰な散策(笑)

一番最初に飛びだした蝶はこの蝶だった。

e0188677_15585333.jpg
ツマグロキチョウ#1
2013'09'15,某所

撮影は初めてという意識はあったが、どうやらツマグロキチョウは自己初見らしい(笑)
15年程蝶を追っかけまわしていてツマグロキチョウすら見たことがなかったという恥ずかしい結果だが、これでまた1種追加!

なんかピントが眼にしかあってないが、初ツマグロキチョウということで・・・まぁいいか^^;

擦れた夏型が多くて秋型はまだ早いのかなと思っていたが、5匹目くらいで新鮮な秋型が飛び出した。

e0188677_1623615.jpg
ツマグロキチョウ#2
2013'09'15,某所

やはりツマグロキチョウは秋型が格好良い!

気がつくとズボンは朝露でびっしょり・・・。まぁ着替えはあるからいいやと開き直って草原に分け入る。

これだけ広いと、前だけ見て「あの辺良さそう!」とだけ考えて歩いていると本当に遭難しそうである(笑)

ときどき振りかえりながら、車と目印の木を見ながら歩く。相変わらずツマグロキチョウは沢山いる。他はチャバネセセリやヒメアカタテハくらい。

すると、目の前から飛び出すヒョウモンが!居たか?!


・・・ツマグロヒョウモンでした。


まぁ前向きに考えて、同じヒョウモンだからこのあたりを探そう!ということに。


自分の中のオオウラギンはススキに止まっているイメージなので、ススキを中心に叩いてみる。

どんどん分け入って来たので、気付くと車が見えなくなってしまった。まぁ方向感覚は失っていないので、来た道を戻れば良いやとUターンしようとした瞬間・・・でけええええええ!

足元からオオムラサキくらいあろうかというようなヒョウモンが飛び出した。

これは見間違えないわ(笑)

飛翔力もウラギンヒョウモンとは桁違いである。目で追って・・・よし止まった。30mほど先に止まったのを確認してゆっくり近付く。

慎重に・・・ゆっくり覗くと・・・

e0188677_16195455.jpg
オオウラギンヒョウモン♀
2013'09'15,某所

後翅縁のハートマーク、その内側の大げさなほどの黒豹点。

これぞオオウラギンヒョウモン!かっこいい・・・。

(結構トリミングしてます笑)

よし、証拠写真は撮れた。慎重に近付いて・・・次の瞬間

!?!?!?

オオウラギンが視界から消えた。

何が起きたか理解するまで2秒ほど時間がかかった。そう、さきほどシャッターをきった場所からほんの2歩踏み出したその場は底なし沼かと思うほどの湿地だった(T0T)

気付くと腰まで沼に浸かっていた・・・。万が一の時の為に、財布とスマホはザックに入れてたから被害はズボンと靴と下着とテンションのみ・・・。久しぶりに泣くかと思った(笑)

オオウラギンヒョウモン=乾燥草原という固定概念が招いた事故ですわ。いやでも、探し始めたとき「ポイントは湿地」って自分で言ってたじゃん!

色々後悔はあるが仕方ない。靴もズボンも防水ではないが、そういうレベルでもなくなってしまったから、さらに開き直って「膝までなら許す!」とか訳分からん独り言良いながらジャブジャブ・・・いやグチョグチョさせながらオオウラギンに近付く(最早、どうかしてる笑)。

どうにかこうにか、2mほどまで近いて(ていうか数メートル先で惨事があったのにまだ止まっているw)改めて1枚という時に、レンズにも泥が付いていることに気付く・・・。
シャッターは切れるので壊れてない。とりあえず保護フィルター外して撮ろう・・・としてたら飛んで行ってしまった。

なんか、すっごく虚しかった。とりあえず、車に戻って着替える。レンタカー泥だらけにする訳にいかないし。当然靴の履き替えなんて持ってきていない。1回脱いだら、濡れた靴を履く気にならず・・・。もういいやってなった。
まぁ1枚撮れたし、次回は長靴持ってこようと学習できたし、初回はこれでいい。これで良かったんだ・・・。



靴は助手席に置いてエアコンガンガン当てて乾燥。乾くまで、車で適当に流しながら探す。結局車内から2匹見ることが出来、まぁ次は夏にでも来て見ようということでここを後にした。


まだ4時だが、ホテルに入る。とりあえず、風呂!






最終日の月曜。この日も4時に目が覚める。何もない休日なんかは11時半まで寝てるのに、こういう時は早く目が覚める。

夕方の新幹線が台風の影響で心配だが、1日まだある。目星をつけておいたシルビアシジミのポイントを朝一で覗いてみる。ここも海沿いなので台風の風がひどい。
ミヤコグサは沢山あって、シジミも沢山飛んでいるがヤマトシジミばかり。目が慣れると飛んでいてもヤマトとシルビアは区別が出来ると云うが、想像するに出来る気がしない(笑)

風がひどいので、吹き溜まりになっている一角を叩いてみると、ん?と思うシジミが飛び出した。いたいた、シルビアシジミだ。見分けることは厳しいが、雰囲気が違うくらいは分かるもんだ。
とりあえず、証拠しゃs・・・という時に突風に煽られてどっか飛んで行ってしまった・・・。その後も1時間ほど粘ってみたが、続かず。

そのあとも、ウラナミジャノメやクロツやワンツを探したが、どこも強風で蝶の姿が全体的に薄かった。

これ以上は無理だと判断し、最終日は普通に市内観光としました。帰りの新幹線は1時間ほど遅れましたが、なんとかその日のうちに帰ってくることが出来、まぁ一安心です。



オオウラギンの事故に台風にと、良くも悪くも印象深かった3日でした。


来週は、ルー様でも見に行ってきます。
[PR]
by crysozeph | 2013-09-17 17:19