好きな写真を自由に気ままに。主に蝶の写真のブログ。


by crysozeph

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

2018年まとめ
at 2018-10-05 19:05
2017年まとめ
at 2018-10-05 19:00
ゼフィルス@北信
at 2015-07-05 23:58
アサマシジミ@長野県
at 2015-06-24 00:11
5月のギフチョウ@白馬
at 2015-05-05 23:33

記事ランキング

カテゴリ

全体

その他の昆虫
風景
未分類

タグ

(48)
(27)
(18)
(17)
(14)
(13)
(8)
(7)
(1)

フォロー中のブログ

てくてく写日記
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
ひらひら探検隊
自由蝶

ブログジャンル

自然・生物

2015年ギフチョウ@愛知県・長野県

今年の初ギフを見に、土日は愛知県まで行ってきました。天気が心配でしたが、愛知県内に入ると晴れ間が覗き一安心。


太平洋側のギフチョウはまだ素人同然で、山梨県と神奈川県に数回トライしたことがある程度。
なので最初は中央道から程近く、個体数も多いと聞く有名な場所へ。

早速林に入ってみるが、思っていた中々尾根道に出ることができない^^;
迷いながらもポイントと思しき尾根を見つけ、登ってると早速飛び出す!

e0188677_2245264.jpg
ギフチョウ♂
2015'04'11,愛知県犬山市

新潟などと比べると、やはり黒っぽい印象を受ける。
3~4頭ほど飛んでいるが、花に止まる様子がなく撮影は難航。まぁ証拠写真程度には撮れたので、北上しつつ次のポイントへ向かう。

しかしその後は可児市、御嵩町、瑞浪市、恵那市、中津川市と岐阜県内を探したのですが、中々ヒットせず成果が出ないまま長野県内へ^^;

この日は昼神温泉に宿泊して、日曜日は長野県内のギフを探すことに。

日曜日は朝から絶好の良い天気でした。
e0188677_22555710.jpg

2015'04'12,長野県阿智村

愛知県内の桜はもう散ってしまっていましたが、この辺りはちょうど見ごろでいたるところに立派な木がありこれを目的に訪れても楽しめそうでした。


長野南部のギフチョウは黒いことで有名なので、非常に楽しみである。
まず、新規探索を兼ねて阿智村・下條村を見て回るが、阿智村はどこも標高が高すぎてフライングな印象。一方の下條村は1頭目撃したのみで成果なし。
まぁ阿智村はまだ見つかったばかりのポイントらしく、素人がパッと行って採集したり撮影出来たりするような場所ではないのでしょう。下條村は、環境は非常に良いが新潟県とは訳が違いそもそも個体数がとても少ないのだろう。

となると、やはり残されたのは飯田市となる笑
ギフチョウ公園なるものがあるらしく、もうギフを見つけるところまで妄想は完了済み。

しかしである、思ってたよりそのギフチョウ公園の場所が分かりにくく、あやうく公園にすらたどり着けないところであった。
徒歩でうろうろして漸くギフチョウ生息地の看板を見つけ散策開始。看板に頼るなんて、蝶屋としてどうなのだろうか・・・笑

看板から100m程歩いただけで、ブログ等で出回ってる写真で見たことある場所に着いた。用水路脇の湿地がポイントらしくご丁寧にツツジも沢山ある。
看板を見ると、どうやらカンアオイを移殖して保護してるらしい。ギフチョウの保護は石砂山といい、どうして少し変な方向に働いてしまうのだろうか。

先客が沢山いるかと思ってたが、ご夫婦が1組いただけで思ったより静かだった。
このご夫婦もここは初めてらしく、本当にいるんですかね?と仰っており、やはりここも数は少ない模様。

辺りを歩き回り探すと、急に足元から1頭飛びだした。新鮮な雌で、カンアオイに興味を示している。
e0188677_23151611.jpg
ギフチョウ♀#2
2015'04'12,長野県飯田市ギフチョウ公園

新芽が小さく、中々足を掛ける場所が見つからないらしく、産卵体制をとるまでに結構時間がかかった。

2分あまり足を滑らせて羽をバタつかせる行動を繰り返してたが、漸く足を固定出来たらしく期待通り産卵を始めた。
e0188677_23181247.jpg
ギフチョウ♀#3
2015'04'12,長野県飯田市ギフチョウ公園

e0188677_23203466.jpg
ギフチョウ♀#4
2015'04'12,長野県飯田市ギフチョウ公園

真っ黒なギフチョウとまではいかなかったが、産卵を撮れたのはラッキーでした。

太平洋側のギフチョウはどこも数が多くない様なので結構大変でした。
飯田市内は他にもポイントがまだまだあるようなので、今度は100%自然の中で見てみたいものである。
[PR]
by crysozeph | 2015-04-12 23:29 |